婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

婚活詐欺をする男性の手口と引っかからないためのテクニック

結婚詐欺の手口

婚活がブームにもなり、以前にも増して婚活サイト、街コン、婚活パーティー、結婚相談所などで婚活をされる女性が増えてきました。

それと同時に結婚詐欺の被害も増加傾向にあり、今回はそんな詐欺に引っ掛からないためのテクニックをご紹介したいと思います。

婚活詐欺に狙われやすい女性

結婚に対して焦ってる・早く結婚したいと思っている女性ほど注意しなければなりません。
特に、高齢出産目前の35歳ぐらいの方、30歳前後のアラサーの方など結婚に対して執着心があり、意欲的な女性ほど狙われやすいと言われます。
また、

男性経験が少ない女性は落としやすく、騙されやすい。

男性との交際経験が少なければ、苦労して手に入れた幸せを失いたくないという気持ちが強くなってしまうので、いざお金の貸し借りになったときに疑いという気持ちがありません。
私も意外だったのですが、高学歴や高収入の方も狙われやすいそうです。
今まで勉強や仕事に打ち込んできて男性経験が少なく、貯金もしっかりしてるだろうと思われているようです。

結婚詐欺をしてくる男の手口

相手は早く結婚したいと思っている女性の弱みにつけこんで、あなたの理想の男性に成りすまし近づいてきます。名前、職業などほとんどが嘘で固められているでしょう。
自然とお付き合いが始まり、結婚の話も出てきた頃に詐欺犯は女性の貯金額など情報収集してくるそうです。どんなに信用しても、結婚の約束をしていても、貯金額など軽はずみに言わないように用心してください。

「仕事でミスをしてしまって…急遽お金が必要になった。」
「実は親の借金があって君と結婚するには借金をどうにかしないと」

こういった話がきたら要注意です。
決して自分からお金を貸して?とは言わず、女性から貸してあげると言いだすような言い方をしてきますので、

「結婚の約束もしたわけだし、少しぐらいなら…」と何の疑いもなく自ら詐欺犯にお金を貸してしまう人が多いようです。

ここで巧妙なのが一度に多額の金額を言わないことです。
例えば女性の貯金額が700万円あるとしたら30万円づつなど少しづづむしり取っていきます。

相手の仕事のミスや親のためにお金なんて貸さないわ、と思う方も、それが自分たちの結婚式の費用だと言われたらどうでしょうか。
これから二人で住む家のお金と言われたら?
お金を貸してもうまい事言って結婚の話も同棲の話も先延ばしにしてきます。

心を許し、結婚すると思い込んでいる女性なら断らないと思います。
夢に描いていた結婚生活を送れると、自分たちの未来のためにと…私も女性であれば、引っかかってしまうでしょう。

そろそろ潮時だと思われたときには「絶対にお金は返すからね。そしてまた君を迎えに来るからね。」と距離を置いてきます。
皆さんもお分かりだと思いますが、決して迎えになどきませんし、お金も返ってきません。
しかし、被害者女性の中にはその言葉を信じまっている女性もいます。
ここまで女性を信用させる話術は本当に恐ろしいです。

詐欺に合わないために気を付けておきたいこと

詐欺に合わないために

結婚詐欺に合わないために気を付けておきたいことは至ってシンプルですよ。

  1. お金を貸さない
  2. 彼氏のご両親を紹介してもらう

たったこれだけで十分です。
あまり疑いの目を向けても、相手だっていい気はしませんし、自分だって恋をしているのに面白くないはずです。だから、お金を貸さない…これだけ意識してください。

例え女同士の大親友であっても、お金の貸し借りで縁が切れてしまったという話はよくあること。

恋は盲目という言葉があるように、相手に好意を抱いてしまうと周りが見えなくなります。
そうならないためにもお金に関することだけは注意しておきしょう。

もしも詐欺にあったら最初にやるべきこと

お金を貸さない!保証人などにもならない!のが一番なのですが、中には本当に返すつもりであなたに好意を抱いてお金の相談をしているケースもあります。
ただ、悲しいことに詐欺にあったと気付いて警察へ行っても、実際は詐欺罪といして立証するのは難しいそうです。その理由として

お金を貸したという借用書がないため、立証が難しい
名前や住所がウソで、立証が難しい

こういった理由があるようです。
なので何らかの理由があってお金を貸す際は借用書を書いてもらいましょう。
刑事裁判で起訴するのはなかなか難しいそうですが、民事裁判として起訴することはできるそうなのでお金だけは返ってくる可能性があります。

もし詐欺にあったかな?と思ったら警察でも友達でも両親でも、誰でも構いません。
まずは第三者の意見を聞いて、詐欺の可能性があるのかないのかを判断することから始めるのがベストかと思います。

この記事を書いた人

ジャスティス
結婚相談所で10年間勤務していた経験を活かして、婚活アドバイザーとして現在はフリーで活動中!アラサーの既婚者です。今までに300名以上の男女にアドバイスを送り、成婚を見届けてきました。

関連記事