婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

アラサー婚活が上手くいかないときに見直したい7つのポイント

20代後半以降になると周りの友達や知人がどんどん結婚をしていき、「早く自分も結婚したい!」と焦りを感じますよね。

その為、アラサーになると婚活に本腰を入れる人は多いです。

しかし、その多くは婚活の厳しさに直面してしまいます。

婚活がうまくいかない?

「本気で婚活をすれば簡単に結婚できる」と高をくくっていると痛い目にあうのが婚活という戦場です。

男性は年齢を重視する方が多いので、若いころモテていても、いざアラサーになって婚活を始めた時に自分のモテなささにびっくりするかもしれません。

また、出会う機会をたくさん作っても、なかなか理想の男性と巡り合えず投げ出したくなってしまうこともあります。

そこで、アラサー女性が婚活がうまくいかない時、行き詰った時に見直したいポイントを紹介したいと思います。

ポイント1:条件の幅を広げる

恋愛ではなく結婚する相手なのですから条件を厳しくしてしまい、どうしても理想が高くなってしまうかもしれません。

年収、年齢、職業、学歴、身長、移住地、見た目、趣味、性格…。

理想を述べるとキリはありません。

そして、条件が増えれば増えるほどマッチする男性の数はどんどん減っていきます。

どうしても譲れない条件をいくつかに絞って、他の条件はもう少し幅を広げてみましょう。

例えばあなたが仕事を続けるのであれば、年収の条件を下げることもできますよね。

そうすることでマッチする確率はぐんと上がります。

条件で除外ばかりしていたら婚活は前には進みません。

「断ることはいつでもできるからまずは会ってみる」という気持ちでたくさんの人と会うようにしましょう。

条件だけでは見えなかった魅力が見つかることもありますよ。

ポイント2:婚活の方法を考える

例えば婚活のイベントはたくさんありますが、年齢制限があるイベントなどもあります。

もちろんその年齢に入っていれば参加をすることはできます。

しかし、例えばあなたが32歳で、25歳から32歳まで参加可能なイベントに参加しても、人気は20代に集中してしまうでしょう。

それがもし30代女性限定のイベントであれば、あなたは参加女性の中では若い方になるので、人気は30代前半女性になります。

自分の年齢が若い方に入れるイベントを選ぶようにしましょう。

また、結婚を目標とするのであれば、合コンにたくさん行くよりも本気で結婚を考えている結婚相談所などを考えることも一つの方法です。

ポイント3:待ちの姿勢をやめる

アラサーともなると自分より若い女性がライバルになります。

かわいい女性もたくさんいます。

そんな中に埋もれた状態で待ちの姿勢を続けているといつまで経っても選ばれません。

あなたが「良いな」と思った男性は他の女性も「良いな」と思っている可能性は非常に高いのです。

「良いな」と思う男性が現れた時はそのチャンスを無駄にしないように、自分から話しかけたり、デートに誘ってどんどんアピールするようにしましょう。

ポイント4:見た目を選ばれる女性に

婚活では第一印象がとても大切になってきます。

第一印象で選ばれなければ挽回のチャンスはありません。

笑顔を絶やさないことはもちろんですが、一般的に男性が好む清楚な感じの服装で婚活の場に挑んだり、お肌や髪の手入れをきちんとすることで清潔感が出るので印象は良くなります。

また、運動をすることでダイエットや体を引き締めることができますし、ストレスも発散できます。

ただし、いくら男性が若い女性を好むと言っても、アラサー女性が20代前半の女性と同じような服装をしてしまうと若作りをしていると引かれてしまいます。

年相応の服装をしてくださいね。

ポイント5:内面や家事能力をアピールする

アラサーになってくると若い女性にはない魅力も出てきます。

それはコミュニケーション能力や思いやり、マナーなど、人生経験が長いからこそ身についたものです。

また、男性も結婚相手を探しているので、一緒に人生を過ごしていけそうな女性、自信を持って「妻です」と紹介できる女性を探しています。

マナーや所作、礼儀、コミュニケーション能力など、自分ではなかなか気づきにくいポイントかもしれませんが、ふとした時に出るものです。

日ごろから少し意識することで、自然とアピールできる女性になるかもしれませんよ。

また、共働き家庭が多くなったと言っても女性に家事能力を求める男性は多いです。

日ごろから家事を行っていれば自然とある程度は身につきます。

実家暮らしで家事をする機会があまりないという方も、週末は自分でしたり、料理を手伝うことで少しずつ身につけていってくださいね。

ポイント6:お見合いを楽しむ

お見合いを「面接」と例える人もいますよね。

1回目のデートはお互いに条件を確かめあうことが第一目的となるので、面接のように感じる方もいるでしょう。

しかしデートの場で、条件の話ばかりを淡々に進めても楽しくありませんよね。

もし男性にあなたの条件の確認ばかりを淡々にされた場合、あなたがその男性のことを良い感じの人と感じると思いますか?

あなたが相手を選ぶ権利があるように、相手に女性を選ぶ権利もあります。

一緒にいて楽しいと思わない人とまた会いたいとは思わないでしょう。

条件の確認はもちろん大切ですが、面接官のようにただ条件などを淡々と話すのではなく、あくまで会話を楽しむ中で条件の話をするようにしましょう。

ポイント7:いちいち気にしない

婚活を始めてすぐに結果が出る人の方が少ないです。

お断りすることもあればお断りされることもあります。

お断りの前に相手にすらされないこともあるかもしれません。

それが何度も何度も繰り返されるものです。

「うまくいかないことの方が多い」「長期戦は当たり前」ということを認識し、うまくいかなかったことをいちいち気にしないこと、次の出会いを楽しみにするようにしましょう。

婚活に行き詰った時はどうしたら良い?

今回、婚活がうまくいかなかった時に見直すポイントを紹介してきました。

婚活はなかなか結果が出ないものです。

しかし、もしかしたらあなたの婚活を見直すことで結果が出るかもしれませんよ。

この記事を書いた人

関連記事