婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

婚活パーティーで婚活した場合のデメリット・メリットは?

婚活パーティーのメリットデメリット

婚活パーティー、お見合いパーティーといったパーティー型はわりと身近なんじゃないかと思います。

ちゃんと面と向かって色んな男性と話ができて、費用もお手頃で食事も食べれて、コストパフォーマンスも最高!ってイメージがありますけど、実際はデメリットもかなりあります。

婚活パーティーで婚活した場合のデメリット

1.一人だと参加しづらい
どんなに積極的な人でも、知らない人達ばかりの集まりにたった一人で行くのは凄く勇気のいることです。婚活している友達がいるなら「一緒に行こうよ」と誘えますが、誰にも言わずに内緒で婚活したい人は厳しいかも。

2.地方だと開催されていない
大阪、東京、福岡などの大都市では毎日のように婚活パーティーが開かれていますが、地方にいくと週に一度か月に一度しか開催されていません。地方に住んでいる方にとっては諦めざるを得ないレベルです。

3.既婚者が参加してる場合がある
私自身も「人数足りてないから参加してくれない?」と誘われたことが多々あります。←私は結婚してますよw
サクラという呼び方はヒドいかもしれませんが、人数が足りないときに呼ばれた事がある人は多いはず。

4.ゆっくり相手と話すことができない
大人数のパーティーになると特にひどく、回転寿司みたいに1人あたり3分間しか話が出来なかった…ということもしばしば。喋ることに長けていたとしても、たった数分で自分をアピールして、尚且つ相手も見極めるとなると相当難易度高いです。

5.ルックスが重視される
実際に会って話をするところからスタートするため、第一印象がかなり重視されます。
ルックスが悪い人と良い人が並んでいた場合、当然男性はルックスが良い方の女性と話してみたいと思いますから、自分に自信がない人にはかなり厳しい戦場です。

婚活パーティーで婚活した場合のメリット

1.結婚に対して本気な人がわりと集まる
デメリットとして既婚者が参加することも多いと挙げましたが、そこを除けば結婚を前提にお付き合いしたい女性を探している男性ばかりです。
エッチ目的の男性も少ないので、安心感はかなり高め。

2.パーティーの参加費用が安い
料理やドリンク代込みで女性は1000~2000円と比較的安く、婚活ができます。
ちょっとした興味本位でも参加できてしまう敷居の低さは婚活パーティーならではのメリットですね。

3.奥手な人でもスタッフのサポートがある
ちゃんと当日中に「あなたともっと仲良くなりたい」という意思を伝えることが出来るのはこの婚活法ならでは。カップル成立すればアフターフォローとして、スタッフが連絡先交換までしっかりとサポートしてくれますので、後日デートにも誘いやすいです。

4.相手の顔を見て話せる
一番のメリットはやはりこれ。清潔感とか、テンションとか、話が合う合わないとか、容姿とか、気遣いなどが最初に知れるというのは大きいですよね。
いざ会ってみるとダメ男だったーなんて失敗もないので、安心感はすごく高い。

婚活パーティーでの婚活に向いてる人と向いてない人

婚活パーティーに向いていない人

  • 内面重視派で、ゆっくり話さないと気が済まないタイプ
  • 都心ではなく地方に住んでる人
  • 今まで告白されたことがない人(ルックスが極端に良くない)

婚活パーティーに向いてる人

  • まずは沢山の人と出会ったり話したい
  • バツイチなどのハードルがある
  • 都会に住んでいて時間にも余裕がある

婚活パーティーをもっと詳しく見る

この記事を書いた人

ジャスティス
結婚相談所で10年間勤務していた経験を活かして、婚活アドバイザーとして現在はフリーで活動中!アラサーの既婚者です。今までに300名以上の男女にアドバイスを送り、成婚を見届けてきました。

関連記事