お見合い結婚のメリット・デメリットは?恋愛結婚との違い

突然ですが、

「お見合い結婚で幸せになれるのかな?」

「お見合い結婚して相手に恋愛感情持てるの?」

・・・なんて疑問やお悩みはありませんか?

そこで今回は、「お見合い結婚のメリット・デメリット」と「恋愛結婚の違い」についてまとめてみました。

お見合い結婚で失敗・後悔しないための注意点をポイントで解説していくので、ぜひ参考にしてください。

お見合い結婚のメリットとは?

お見合いとはそもそも「結婚」を前提に考えて、男女が紹介されるという形で出会います。

それだけに、男女ともに結婚に向かっていく過程でズレがありません。

結婚という目的がはっきりしているので、最初から結婚の二文字をテーブルに乗せて話し合いをすることができます。

これが恋愛であったならば、交際が始まったばかりの段階で相手に結婚の話題を出されることは重荷です。

急かされているように感じ、上手くいかなくなる場合もあるでしょう。

しかし、お見合いならば、ためらうことはありません。

逆に、ずるずると結論を長引かせることの方が、相手の時間を奪うこととなり失礼です。

恋愛でありがちな男女間の駆け引きも必要ありません。

結果が出るのが速いのも特徴です。

一般的にお見合いから3カ月以内で結婚するかどうかを決めることとされています。

恋愛や婚活パーティーに参加する人の結婚観はまちまちです。数年付き合ってから相手に結婚するつもりがないと分かったら悲劇ですよね。

恋愛では友人の紹介などで出会うことが多いでしょう。

それに対して、お見合いでは自分の生活圏内では出会えなかった希望条件にかなう相手を紹介してもらうことも可能です。

経済的にゆとりのある男性を紹介してもらうことも可能なため、結婚後は仕事を辞めて家庭に入り、趣味に時間をかけることができるかもしれません。

意外に思われるかもしれませんが、お見合い結婚でも結婚後の夫婦仲は良好という方が多いです。

燃え上がるような恋愛こそなかったかもしれませんが、お見合いは結婚後からが本格的な関係のスタートです。

恋愛結婚では結婚がピークなのに対して、お見合い結婚ではゆっくりと愛を育てていくことができるのです。

お見合い結婚のデメリット

やはりハイスペックな男性は競争率が高い事が多いため、女性のスペックが低くて釣り合わない場合はなかなか成婚までが難しいですね。

そして、お見合い結婚は家と家との結婚といった考えの場合も少なくないので、義理の家族との関係が密接過ぎて、精神的にストレスになる事も結構あると思います。

親密ならまだしも「もううちの嫁なんだから!」と勘違いする義母も中には居るようで…。

特に長男の男性が結婚相手だと気苦労は多いそうです。

またハイスペックな男性は多忙なため、擦れ違いの生活が続いたり、義理の家族からの防波堤になれないなんて事もよく耳にします。

また、長男の嫁という理由だけで、子供は何人産みなさいとか、○○家の後継として男児を産みなさい、などと言われてしまい、ノイローゼになる女性も中にはいます。

お見合い結婚で後悔しないように気をつけるべき点

最初に「同居はどうするか、互いの両親の介護は将来どうすべきかを最初に話し合う」など「将来設計を話し合う」のは重要です。

また、恋愛結婚とは違い「お嫁に行く」と言う点に重きを置かれる事が多いので、自分にその覚悟があるのかや精神的にやっていけるかは深く考えた方が良いでしょう。

特に男性が「長男」または「マザコンタイプ」なら要注意で、じっくりと事を進めた方が良いかもしれません。

お見合い結婚にはなくて恋愛結婚にはあるものは?

今の時代、恋愛結婚に憧れる人が多いですね。

「お見合いはちょっと抵抗があるな・・・」という方は男女ともに多いはず。

では、恋愛結婚とお見合い結婚とでは、何が違うのでしょうか?

一つめとして、自分の意志で相手を決められるということです。

自由恋愛が許される時代だからこそ、自分の好きになった相手と結ばれたい気持ちはもっともです。

そして、二つめは、納得のいくまで交際をことができるということ。

お見合いの場合は、結婚を目的としているため、のんびりしていられません。

お見合いの場合、交際スタートから3カ月程度で結論を出すのが一般的です。

三つめは、昔ながらのお見合いでは最初から相手の家も絡んでくるということです。

それだけに、当人同士の気持ちだけでは動けない部分もあります。

結婚後、もし上手くいかなかったときに、仲人や親が勧めたからと他人のせいにしてしまう恐れがあります。

お見合い結婚だと恋愛できないは間違い!

結婚するためには効率的なこととは分かっていても、どうしてもお見合いにネガティブなイメージをもってしまう人もいるでしょう。

なぜかと言えば、結婚も恋愛もしたいからではないでしょうか?

結婚相手に求めるのは誠実さや経済力というのが大前提であっても、そこにトキメキも欲しいものです。

お見合いは恋愛に消極的な人がするものという世間一般の偏ったイメージも気になります。

しかし、これらは偏見です。

出会いから結婚までの期間は短いですが、その先長く続く結婚生活で仲良く暮らしていくことができるのは、お見合い結婚のカップルの方が多いのです。

お見合いでは良くも悪くも条件から入ります。

顔写真、職業、収入、家族構成、趣味・・・。

条件をクリアして何度か会うことを繰り返しても、いきなり恋愛感情が湧き出すことはまずないでしょう。

激しい愛情よりも、一緒にいて嫌ではない程度の感情から、結婚へと向かっていきます。

恋愛とは違い、相手の内面深くまでは知りません。

相手への過剰な期待もできません。

結婚生活をスタートさせてから2人の関係がつくられていきます。

日常の生活の中でふと見せる一面に、心ときめくこともあるのがお見合い結婚の夫婦です。

お見合いならば、ゼロから始まった関係なので、年を重ねるごとに相手のことをますます好きになっていく関係が築けます。

お見合い結婚は、結婚してから恋愛もスタートするのかもしれませんね。

\記事をシェアする/
Hatena