結婚相談所をかけもちしたい!かけもちのコツと注意点とは

結婚相談所には色々なタイプがあるので、異なるタイプの結婚相談所にかけもちで入会して婚活の視野を広げていくのも良いでしょう。

例えば、データマッチング型と仲人型では同じように結婚相談所と呼ばれていても中身は全く違います。

結婚相談所のおすすめのかけもち方法や、かけもちをする時に覚えておきたい4つの注意点についてご説明します。

同じタイプの結婚相談所には入会しない

結婚相談所をかけもちする時には、同じタイプの結婚相談所ではなく違うタイプの結婚相談所に入会することが大切です。

同じタイプの結婚相談所をかけもちすると、入会しているのは別の人だったとしてもサービス内容そのものは同じで、その方法では成果が出ないタイプの人が利用すると両方の結婚相談所の活動が無駄になってしまいます。

特に、格安のデータマッチング型の結婚相談所をかけもちすると手厚いフォローが受けられません。

したがって、一つはデータマッチング型を選びたいなら結婚相談所とネット婚活をかけもちした方がコスパが良いと言えます。

結婚相談所をかけもちするならデータマッチング型と仲人型がおすすめです。

仲人型は登録した結婚相談所が小規模で出会えないように思えても、その結婚相談所の多くが協会や連盟に入っているため、結果的にたくさんの人と出会うことができます。

その中で気に入った人とお見合いができるのはとても良いシステムですよね。

かけもちする結婚相談所は比較して決める

結婚相談所をかけもちする時に気になることはその結婚相談所に登録している人や結婚相談所で受けられるサービス内容、費用といったことが挙げられます。

婚活をしている人は基本的に費用をかけすぎず、無理のない範囲で婚活したいと考えていますよね。

だからこそ、結婚相談所をかけもちする時にはたくさんの結婚相談所に資料を請求して話を聞きに行き、この結婚相談所に入会したいと思う会社に絞りましょう。

説明を聞きに行くとその場で入会すれば入会金が割引になるという結婚相談所も多いですが、できるだけ複数の会社を比較しないで入会してしまうことは避けてください。

ただし、事前に資料を見て希望度が高い結婚相談所で話を聞いた時に絶対ここは入会したいと思ったら、即決してしまっても後悔はあまりないでしょう。

かけもちで両立できるかを考える

結婚相談所をかけもちしようと思っても、時間がなかったり自分のキャパを超えて面倒になってしまうなどの理由によって上手く両立できない人もいます。

両立ができないとせっかく紹介してもらった条件の良い相手との出会いのチャンスを逃してしまったり、活動量が少なく月会費を無駄にしてしまうこともあります。

また、休日は限られているので複数の相手とのデートの予定を上手く組めなくて失敗してしまう人もいます。

せっかくかけもちをしているのに一人に決めてしまった結果、その相手と上手くいかないとゼロからのスタートとなる上に、もう片方の結婚相談所は放置することになってはもったいないですよね。

あえてかけもちをすることによってやる気を出すこともできるかもしれませんが、仕事が忙しいなどの理由で活動がおろそかになってしまっては意味がありません。

無理して活動をして失敗が続くと一気にモチベーションが下がってしまうこともあるので、今の自分はかけもちをするのに適した状態かを確認し、余裕があったらかけもちをすることを検討してみてください。

かけもちする男性もいることを把握する

結婚相談所をかけもちすると出会いの確立を増やすことができると期待してしまいますが、実は同じ結婚相談所をかけもちしている男性もいます。

そして、お互いに両方の結婚相談所で相手を見つけてしまう可能性はあるので注意が必要です。

つまり、女性と同様に男性がより多くの出会いを求めて複数の結婚相談所に入会することもありますし、両方の活動に力を入れていることもあるのです。

同じ相手を見つけたとしても、相手に他の結婚相談所でも見たというのはNGです。

また、両方の結婚相談所のイベントに参加してそこで再会してしまうこともあり、そういった時は相手を避けられません。

その時はお互いに気まずく感じるかもしれませんが、悪いことをしている訳ではないので気まずく感じる必要はありません。

そういった時は自分から明るい話題を振り、その場を楽しく過ごせるような工夫をすると良いでしょう。

最後に

結婚相談所をかけもちする人の多くは、一つの結婚相談所に入会してもなかなか結果が出なくてチャンスを増やしたい人だと言えます。

そして、せっかく前向きな気持ちでお金をかけて婚活をしているのにキャパを超えて活動量が前より減ってしまうのでは意味がありません。

かけもちをするのは良いことなのですが、一度に3社以上に入会するなどかけもちのしすぎには注意が必要です。

まずは入会をしてから自分に合う結婚相談所を見極め、少し続けてみて合わないと思ったら入会金がもったいなくてもやめる勇気も大切です。

自分に合う結婚相談所で活動をしていく中でデートやお見合いを重ね、成婚に繋げましょう。

\記事をシェアする/
Hatena