婚活で売れ残り男女の特徴とは?売れ残りにならない11の方法を紹介

「婚活している人は売れ残りばかりで、良い人がいないんじゃないの?」
「婚活で売れ残りだと思われたくない」
婚活に対して、ネガティブな印象を抱く人は多いでしょう。

本当に婚活には売れ残りの男女ばかりがいるのでしょうか?

今回の記事では、実際の婚活市場と、婚活で売れ残りやすい人の特徴、売れ残らないためのコツをご紹介します。

現状婚活が上手くいかないと感じている人も、参考にして婚活を成功に導きましょう。

婚活は売れ残りばかり?

婚活は本当に売れ残りばかりが集まっているのでしょうか?

実際の婚活市場について見ていきましょう。

  • 売れ残りばかりと感じる人が多い
  • 売れ残りばかりじゃないと感じる人もいる
  • プロから見た見解

このように、売れ残りばかりだと感じる人とそう感じない人、二つの意見があるとわかります。

プロから見た目でも、また印象は変わってきます。
なぜこのような見解になるのか、詳しく見ていきましょう。

売れ残りばかりと感じる人が多い

実際、売れ残りばかりだと感じる人がたくさんいます。

売れ残りが多いと感じる理由は大きく分けて二つあります。

婚活は結婚を逃した人、普通じゃ結婚できない人が集まるイメージが強い。
そのため、人気のある人は、そもそも婚活する必要がないという意見です。

もう一つは、実際長く婚活を続けて、辛い思いをしている人を見ているからです。
婚活をしていてもなかなかいい縁に巡り合えない人も少なくありません。

特に、理想が高い、コミュニケーションが苦手など、出会えない原因があると、誰からも選ばれずに留まり続けてしまいます。

売れ残りばかりじゃないと感じる人もいる

婚活は売れ残りばかりと感じる人が多い一方で、そうではないと感じる人もいます。

売れ残りばかりじゃないと感じる理由は三つあります。

価値観が合う人と出会える」、「日常生活で出会えないような人と出会える」、「実際に婚活で出会って幸せな結婚している人を見ている」からです。

婚活は、真剣に結婚を考えている男女が集まる場所です。
そのため、結婚に対する温度感も近く、価値観が似ている人と出会いやすいメリットがあります。

結婚を成果として考えた時に、運命の人と出会える場だと感じる人は少なくありません。

プロから見た見解

実際、婚活市場では3割は次々卒業していき、7割同じメンバーが残っているのが現状です。

この見解を聞いて「売れ残りは7割もいるのか」と落胆する人もいるかもしれません。

しかし、目線を変えると、常に3割は人気のある魅力的な人が婚活市場にいるということになります。

3割が常に入れ替わっていくので、婚活をし続ければ素敵な人との出会いはたくさんあります。

婚活を成功させるかどうかは自分次第です。
前向きに婚活卒業を目指していきましょう。

婚活で売れ残る人の8つの特徴

婚活は売れ残りばかりではないとは言っても、実際に婚活を卒業できずにいる人がいるのも事実。

婚活市場において売れ残ってしまう人には、どんな特徴があるのでしょうか。

  1. 高望みしている
  2. 相手の欠点ばかり見ている
  3. 自慢できる人を捕まえようとしている
  4. 自分中心の考え方をしている
  5. 努力した気になっている
  6. 自分磨きに精を出しすぎている
  7. 性格がきつい
  8. 一人でも良いと思っている

もしかすると、今の自分に当てはまる項目が見つけられたかもしれませんね。

自分自身と照らし合わせながら、一つずつ確認していきましょう。

1.高望みしている

まず、売れ残る人は、結婚相手に対して高望みしている場合が多いです。

自分の中では高望みしているつもりはなくても、身長や収入、外見、年齢。
あらゆる点で、細々とした条件をいくつも持っている人はたくさんいるでしょう。

一つ一つの理想は小さなものなので、本人は気付けません。
周りやプロの目線から見ると高望みしてると感じられているかもしれませんよ。

高望みすればする程、条件に合う人は減っていきます。

関係を続けることなく自分から切ってしまうので、いつまでも婚活から抜け出せないでしょう。

2.相手の欠点ばかり見ている

高望みしていなくても、相手の欠点ばかり見ている人も売れ残る傾向にあります。

例えば、条件に合う人が現れたとしても、
「○○なところが嫌」
「○○はいいけど○○が気になる…」
などと、相手の悪いところばかりを見て、対象から外していませんか?

その結果、いつまで経っても誰とも関係を進められずに停滞してしまいます。

3.自慢できる人を捕まえようとしている

婚活をしているうちに、本来の目的からずれてしまう人も少なくありません。

長く婚活を続けているのだから、「周りよりも良い相手を見つけたい」、「自慢できるような相手を見つけたい」と見栄を張ろうとしてしまいます。

本来は、幸せな結婚をすること、自分に合う人と出会うことが目的だったはずです。

目的がずれると、相手の条件や見るべきポイントにぶれが生じ、いい出会いに辿り着けなくなるでしょう。

4.自分中心の考え方をしている

自分中心の考え方をしている人も、婚活市場では売れ残りになりがちです。

例えば、相手の条件は譲らせようとするのに自分は譲らない、相手の都合を考えずに物事を決めたがっていませんか?

自分中心に動いていると、印象が悪くなり、誰からも選んでもらえませんよ。

お互い様という精神や相手に対する思いやりがないと、どんなに他の条件が良くても結婚まで行き着かないでしょう。

5.努力した気になっている

婚活していると、「こんなに努力しているのになんで結婚できないんだろう」と悩む人は少なくありません。

努力すること自体はとても素晴らしいです。
しかし、効果が出ないのであれば、努力する方向がずれている可能性があります。

ただ努力すれば結果に結びつくものではありません。

例えば、家事能力を高めるために料理教室に通っている、綺麗になるためにエステに行っているというのは間違った努力です。

異性が求めているであろうことを思い込みで決めつけ、努力した気になっているようでは、いつまでも選んでもらえませんよ。

6.自分磨きに精を出しすぎている

女性に多いのが異性にモテるために、自分磨きをしている人です。

確かに大事なことではありますが、自分磨きに精を出しすぎると、異性に引かれてしまいます。

例えば美容代に毎月10万円以上かけている、美容のために有機野菜のお店しか行かないなど、自分磨きにお金や時間を投資しすぎるのは逆効果です。

男性に価値観が合わないと思われたり、デートの予定が合わずに終わることもあります。

また、「自分磨きをしている自分に酔っている」と避けられる場合も多いです。

7.性格がきつい

婚活で売れ残る人は、プライドが高く、相手を見下しがちな人が多いです。

相素直に褒められない、自分の非を認めたくない、話を最後まで聞かずに過ごしていませんか?

このような性格では、魅力的には思えません。

一度デートをしただけで終わってしまい、その後関係は進まないでしょう。

多くの人が、自分を認めてくれる相手を望んでいます。
実際、相手の話をしっかり聞いて、気持ちに寄り添える人はよくモテます。

相手に寄りそう意識を持ちましょう。

8.一人でも良いと思っている

婚活しているものの、心のどこかでは一人でも良いと思っている人もいるでしょう。

一人の方が楽だと感じている人の多くは、他人に合わせたくない、結婚後も生活を変えたくないと考えています。

今の一人の生活を基準に物事を考えがちなので、結婚にたどり着くのは難しいでしょう。

結婚は相手がいなければできません。
全く相手に寄り添おうとしない人は「結婚する意味を感じない」と思われ、対象外にされてしまいますよ。

婚活で売れ残らないための11個のコツ

婚活で売れ残る人の特徴を見てきました。
それらの特徴に当てはまらないようにし、コツを掴めば婚活はうまくいきやすくなります。

婚活は、焦ったり力を入れすぎることなく、穏やかな気持ちで取り組む方がうまくいきやすいです。
実際に、婚活を成功に導くコツを見ていきましょう。

  1. すぐに諦めない
  2. 理想の相手を具体的にイメージする
  3. 高望みしない
  4. 相手の良いところ探しをする
  5. 身だしなみに力を入れる
  6. 必死感を出しすぎない
  7. 自分を分析する
  8. コミュニケーション能力を磨く
  9. 相手が喜ぶことを意識する
  10. 相手との時間を楽しむ
  11. 自分にあった婚活方法を探す

このように、婚活で売れ残らないためには様々なコツがあります。

まずは一つ実践できるように、詳しく見ていきましょう。

1.すぐに諦めない

婚活で大事なのは、すぐに諦めないことです。

婚活していると、理想の条件に当てはまる人に出会えない、素敵な人と出会えたのにうまくいかなかったという悩みを抱く人もいます。

それが原因で「婚活に疲れた」「もうやめようかな」と思ってしまう人は多いです。

しかし、それらの悩みは誰もが経験しています。
そこで婚活を辞めるのは勿体ないです。

結婚相手はそう簡単に見つかるものではありません。

すぐに見つからなくて当たり前と考えれば、もっと気楽に婚活に向き合えるようになるでしょう。

2.理想の相手を具体的にイメージする

今、理想の相手が具体的にイメージできますか?

年収や年齢などの条件にばかり気を取られ、実際の異性のイメージができていない人は多いです。

理想の相手をイメージできていないと、実際に異性と出会う機会があってもピンときません。

条件ばかり気にしているとチャンスを逃しやすくなります。
日頃から、理想の相手を具体的にイメージしておきましょう。

3.高望みしない

理想の相手を思い浮かべるのはいいですが、その相手が自分と釣り合わないような相手ならば考え直す必要があります。

理想を持つことも大事ですが、まずは現実にいる異性に目を向けるのが大切です。
条件に合わなくても、性格の良い異性はたくさんいます。

理想はあくまでも理想と考え、まずは目の前にいる異性と話してみるのが大切です。

4.相手の良いところ探しをする

日頃から、相手の良いところを見つける癖をつけましょう。
人の欠点ばかり目に付くようでは、いい出会いに巡り合えません。

相手の良いところを見つけるのが得意になると、「いい人がいない」と悩むことは減ります。

会話も楽しめるようになり、相手から見たあなたも魅力的な存在になれるでしょう。

良いところを直接伝えてあげれば、相手との関係も発展しやすいです。

5.身だしなみに力を入れる

異性目線で身だしなみの意識ができていますか?
こだわりがないからと言って、身だしなみに無頓着な状態では、気になる人に好きになってもらえません。

もしかして、服やアイテムが毛玉だらけ、髪の毛がぼさぼさのまま、爪が伸びていて汚いまま婚活していませんか?

清潔感のない身だしなみでは、売れ残ってしまうのは当たり前です。

婚活において、第一印象はとても大事です。
身だしなみは気を抜かないように気を付けましょう。

特に細かい部分は忘れがちなので、鏡で見て細かい点まで確認してください。

6.必死感を出しすぎない

真剣に結婚相手を探しているとは言え、必死感が出ている人は異性から避けられてしまいます。

特に、条件のいい人に対してだけ目の色を変えて接するような人は、「必死すぎて怖い」と思われるでしょう。

婚活中は、気持ちに余裕を持つことで、本来の魅力が出せます。

焦る気持ちはわかりますが、前のめりになりすぎず、気持ちを抑えて臨みましょう。

7.自分を分析する

自分を正しく分析することは、婚活においてとても重要です。
自分の強みや得意分野が分かれば、自分の魅力を発揮できる婚活方法を見つけられます。

また、周りからどんな人間に見られやすいかを知っておけば、初対面の異性と会う時に気を付けるべきポイントが分かるでしょう。

このように、自己分析は、幸せな結婚に直結していると言っても過言ではありません。

自分にとって本当に合う人と出会いやすくなるので、しっかり分析しておきましょう。

8.コミュニケーション能力を磨く

あなたはコミュニケーション能力に自信がありますか?

自分はコミュニケーション能力が高いから大丈夫、と思っている人こそ注意が必要です。

ただ自分が面白い話をする人が、能力が高いとは言えません。
あなたとの会話が心地いいと、相手に思ってもらうことが需要です。

どんなコミュニケーションが心地いいと感じるかは、人によって違います。
基本的に話すのが3割、聞くのが7割のバランスが良いと言われています。

相手の話を聞いてあげ、相手を盛り上げられる人こそが、本当にコミュニケーション力が高いです。

会話の内容を意識して、コミュニケーション能力を磨いていきましょう。

9.相手が喜ぶことを意識する

婚活で売れ残らないためには、観察力もとても大事です。

相手が何を望んでいるのか、どんなことが好きなのかを見極め、相手が喜ぶことを意識しましょう。

世の中の情報や自分の価値観だけを基準にして「こうしたら喜ぶだろう」と判断すると、自己満足で終わってしまいます。

人によって喜ぶことは違うので、目の前の相手にしっかり向き合いましょう。

10.相手との時間を楽しむ

相手と過ごす時間を、純粋に楽しむのも大切です。

緊張しすぎて楽しめないと、せっかくの時間が無駄になってしまいます。

力を抜いて、リラックスするようにしましょう。

また、第一印象が好みじゃないからと言ってつまらなそうに接していると、チャンスを失うかもしれません。

目の前の相手と過ごす時間を楽しめば、意外と気が合う人だったと気付くかもしれませんよ。

11.自分にあった婚活方法を探す

ただやみくもに婚活するだけでは、結婚に近付けません。

自分に合った婚活方法を探すことが重要です。

例えば、会話が苦手なのに婚活パーティーを選んでしまうと、多くの異性と話せないまま時間が過ぎてしまう場合もあります。

それでは自分の魅力も出せず、ただ疲れて終わってしまうでしょう。

会話が苦手なのであれば、最初はメッセージのやり取りから始める方法を選べば、自分のペースで婚活できます。

自分に合う婚活方法を選ぶことは、結婚への近道になります。

婚活方法の探し方

婚活と一言で言っても、その方法はたくさんあります。

以下に婚活方法をご紹介するので、自分に合う婚活方法を見つけましょう。

  • 自然な出会いを求めるなら人の紹介
  • 一度に大勢の人と出会うなら婚活パーティー
  • 趣味を活かすなら趣味コン
  • サポートしてほしいなら結婚相談所
  • 自分で気軽に探すなら婚活サイト
  • 恋愛から始めるならマッチングアプリ

このように様々ある婚活方法の中で、自分に合うものの探し方を詳しくご紹介します。
それぞれの特徴も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

自然な出会いを求めるなら人の紹介

自然な出会いを求めている人には、紹介がおすすめです。

自分をよく知る友達や、仕事ぶりを評価してくれる同僚や上司など、日常生活の中で関わっている人の紹介は安心ですよね。

きっと「あなたに合いそうだから」「いい人だから」と思った人を紹介してくれるでしょう。

普段から、いい人がいたら紹介してほしい旨を何気なく話しておけば、紹介してもらえる確率が上がりますよ。

一度に大勢の人と出会うなら婚活パーティー

より多くの出会いが欲しい人には、婚活パーティーがおすすめ。
一度に大勢の人と話す機会があるので、チャンスも広がります。

大勢の人と出会える分、会話できる時間が限られているため、アピール方法や観察力を普段から磨いておきましょう。

婚活パーティーは特に第一印象を重視されるので、見た目への配慮も必要です。

声をかけたい、もっと話したいと思われる見た目や、対応の仕方を身に着けておきましょう。

男女共に笑顔で話していれば、相手からの印象が良くなります。

少ない時間の中では、自分をアピールをするよりも、明るい印象を与えることに専念しましょう。

パーティーを終えてから、次のデートに繋がるかもしれませんよ。

おすすめの婚活パーティーはこちらへ

趣味を活かすなら趣味コン

趣味がある人は、趣味コンという手もあります。
付き合ったり結婚してからも、趣味は大事にしたいですよね。

パートナーが同じ趣味であれば一緒に楽しめるので、長く良好な関係を築けるでしょう。

同じ趣味を共有できる人との出会いなら、会話が苦手な人も参加しやすいです。

自分の趣味を活かした出会いを見つけましょう。

サポートしてほしいなら結婚相談所

恋愛に慣れていない、どう進めればいいか分からないという人は、結婚相談所がおすすめです。

プロの手厚いサポートが受けられるので、心強いですよ。

お見合いの仲介をしてもらったり、自分に合う相手を紹介してもらったりなど、相手探しを手伝ってもらえます。

婚活をする上でのアドバイスももらえるので、本気で結婚を考えている人におすすめです。

サポートが手厚い分費用が高額なので、真剣な人だけが集まるのもメリットです。

おすすめの結婚相談所はこちらへ

自分で気軽に探すなら婚活サイト

自分で気軽に探したい場合は、婚活サイトが適しています。

会場に出向く必要がないので、休日や隙間時間を利用して婚活できます。

自分のペースで婚活したい人におすすめ。

いつでもどこでも婚活できるので、仕事が忙しい人も安心して使えますよ。

通勤時間中、仕事終わりベッドで寝ころびながら、自分の好きなタイミングでできるのが嬉しいところです。

おすすめの婚活サイトはこちらへ

恋愛から始めるならマッチングアプリ

婚活とは言え、まずは恋愛から始めたい、という人にはマッチングアプリがおすすめ。

時間や場所を問わず相手を探せる手軽さが人気です。

メッセージのやり取りから始まるので、人見知りな人でも利用しやすい婚活方法とも言えます。

本当に売れ残り?素敵な人が婚活する理由

婚活していて素敵な人と出会うと、
「婚活しなくてもいい出会いありそうなのに」
「こんな素敵な人が婚活してるなんて訳ありなのかな?」
と疑問に感じるでしょう。

なぜ、素敵に思われる人が婚活をしているのか、理由を見ていきましょう。

  • 若い時仕事ばかりしていた
  • 周りに出会える人がいない
  • 恋愛に消極的

このように、素敵な人でも恋愛できる環境にいないと婚活が必要になります。

見た目は素敵でも、中身が控えめだと出会いを掴めないまま大人になってしまった人もいるでしょう。

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

若い時仕事ばかりしていた

若い時に仕事ばかりしていた人は、恋愛を遠ざけていた可能性があります。

両立するのが苦手だと、仕事に集中している時期は恋愛が疎かになりがちです。

その結果、恋人と別れたり、恋人を作らないまま年齢を重ねている人は少なくありません。

仕事が落ち着いて結婚したいと思った時には、出会いがない場合もあるでしょう。

そのような人たちが、婚活を始めるのです。

恋人が自分のことを理解してくれなかった寂しさ、今まで一人で頑張ってきた経験をしている。
こういう人たちは、純粋な気持ちで結婚に憧れている場合が多いです。

周りに出会える人がいない

職場に異性がいない、周りが既婚者だらけ、趣味がなくて誰かの共有できるものがないと、出会いを掴むのは難しいです。

日常生活で出会いがないと、婚活をした方が早いと考える人もいます。

婚活市場にいるこのタイプの人は、普段新しい出会いがない分、結婚に対する意識が高いです。

恋愛に消極的

恋愛に消極的な人は、日常生活で恋愛に発展させられない人が多いです。

そういう人は、自分の年齢を考えて、自然恋愛するよりも、婚活で婚活に踏み切ろうと思う場合があります。

一見モテそうな外見でも、恋愛に消極的な人はたくさんいます。

気になる異性がこのタイプなら、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

まとめ

婚活は売れ残りばかりではないとわかりましたね。

売れ残る人の特徴を見てきたように、正しい努力さえすれば婚活で幸せな結婚は掴めます。

実際、今回の記事を見て、婚活は怖くないと思えた人もいるかもしれませんね。

婚活がうまくいかないと悩んでいた人も、自分に合う婚活方法を見直せば結婚に近づけるでしょう。

婚活を上手くいくコツを実践して、素敵な結婚相手を見つけましょう!

\記事をシェアする/
Hatena