女性が婚活を「めんどくさい」と感じる4つの心理と対処法

婚活を真剣にしていきたいのに、めんどくさいと思ってしまう人もいますよね。

実際に婚活をしている人のうち、めんどくさいという気持ちから相手の男性と連絡を取らなくなってしまうのは女性の方が多いです。

実は、女性が本当は結婚したいのに婚活がめんどくさいという理由で活動が上手くいかなくなるのには複数の理由があります。

婚活がめんどくさくなってしまう4つの原因とその対策をご紹介します。

無料や格安のマッチングアプリやイベントが多い

男性は基本的にマッチングアプリでも有料でなければ利用できないですが、女性は一部のマッチングアプリや婚活サイトを除いて無料で利用できるものがほとんどですよね。

このようなメリットはできるだけ費用をかけずに婚活したい女性にとっては嬉しいですが、それと同時に色々なアプリに登録しすぎて管理できない女性もいます。

女性は男性よりもいいねをもらう数が多いと言いますが、やり取りを同時進行することでめんどくさいという気持ちが強くなり、放置してしまう女性も少なくないのです。

また、ネット婚活以外の婚活パーティなどのイベントでも女性は無料または格安で、男性は参加費が7,000円なのに女性は500円という場合もあります。

利用料や参加費が安いのはお得感もありますが、お金がかかっている時より真剣度が下がってめんどくさいという気持ちになりやすいのです。

使うマッチングアプリの数や相手とのやり取りを制限すれば、めんどくさいという気持ちを多少はなくすことができるでしょう。

実家に住んでいると連絡が取りにくい

男性は社会人になると一人暮らしをする人も多いですが、転勤をしない職種に就いてることが多い独身女性は結婚適齢期になっても実家の人が多いです。

実家の女性のデメリットは同じ家に親が住んでいることで、LINEはすぐに返せても電話になると気を遣わなくてはいけないことがあるという点です。

彼氏だったらすぐに電話に出ることができても、まだどうなるかがわからない相手との電話を親に聞かれたくないという人も多いですよね。

そういった女性の場合では、家ではなくわざわざ外に出て電話をすることもあります。

男性では電話派の人も多いので、時間を決めて外に出て電話をしたり、自分の部屋でも親が近くにいないかを確認してから連絡を取ることに対してめんどくさいと感じる女性も少なくありません。

連絡はメールやLINEにしてもらい、電話をできる時はあらかじめ伝えることで親を気にすることなく相手とやり取りをすることができるはずです。

友人と婚活に参加する予定を合わせにくい

女性の中には婚活イベントに一人では行きにくいと考えている人がいます。

特に立食の場合だと一人でいる女性は目立ちますし、一人より二人の方が男性へも気軽に話しかけられますよね。

また、街コンのように二人一組で参加する婚活イベントもあります。

そのような友人を誘う必要があるイベントに参加することをめんどくさいと感じる女性もいます。

社会人になると仕事の都合などで友人と予定が合いにくくなってしまいますし、行きたいイベントを先に決めるのではなくまず日程を決めて参加できるものから選ばなくてはいけません。

更に、一緒に参加する予定だった友人が体調不良などで行けなくなると他の人を探さなければいけなります。

急に誘える彼氏なしの友人も限られるため、一緒に参加予定の友人にドタキャンされるとめんどくさいことになるのです。

婚活中の友人と予定を合わせられないと参加できる婚活の数も減ってしまうので、めんどくさいという思いからどんどん婚活に参加できる機会を減らしてしまっているかもしれません。

婚活は基本的に一人で行うものだということを意識しましょう。

一人参加限定のパーティに申し込めば、一人で参加することに抵抗がなくなって気軽に好きなイベントに参加することができるようになります。

デートの予定を詰め込みすぎて疲れてしまう

婚活を頑張ることを意識して複数の相手とやり取りをしていると、どうしても会う予定が重なったり連絡を同時進行していかなければいけないこともあるでしょう。

多い人で一日に詰め込むデートの人数は3人という人もいます。

そのような人は一人にゆっくりと時間をかけるのではなく、早く婚活の成功に繋げるために数をこなして短時間で相手を見極めます。

デートを詰め込みすぎるとめんどくさいのが移動時間が多くなったり、一日に何回も化粧直しをしなければいけないことです。

また、次の相手との約束の時間があると落ち着かず、目の前の相手とのデートだけに集中することもできません。

初対面の人と会う時は楽しくても気を遣って疲れるものですが、その人数は多ければ多いほど疲れは増していき、休日でも休んだ気になれません。

そのスケジュールが続くことによって休日が終わった後もクタクタになってしまい、婚活で相手とデートをするのがめんどくさいと思う気持ちが出てきます。

デートをあまり詰め込むのも良くないので、たまには家で一日ゆっくりする時間を作ってみてはいかがでしょうか。

最後に

婚活では、自然な出会いがあれば必要ないはずの時間やお金を使うことになるので、めんどくさいと思いながら活動している人も少なくありません。

そして、婚活に行きたくないと思ったり良い相手なのにやり取りをするのがめんどくさいと思った時は本当に心が疲れて余裕がない時でもあるのです。

そのような時に無理をして婚活をしてもデートを楽しむことができず、相手と上手くいかなくなってしまう可能性も高いです。

良い相手と成婚をするためには質より量だという考えは捨て、自分のペースを守ってキャパを超えないように注意しながら質の高い婚活を行っていきましょう

\記事をシェアする/
Hatena