婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

高望みしてない?婚活中の女性が男性に求める「年収」の理想と現実

女性が婚活で重視することの一つに挙げられるのが、結婚相手の年収です。

確かに年収が低い男性は経済力がなく、そういった意味で年収が低い男性と結婚すると貯金もほとんどできないイメージがあります。

しかし、実際には女性が考えている以上に高年収の男性は少なく、女性が希望する理想と現実にはギャップがあるのが事実です。

この機会に現実の男性の年収を把握して、婚活で高望みをし過ぎていないかを考えてみましょう。

なぜ婚活では男性の年収が重視されるのか

女性が婚活で年収が多い男性を希望する理由は、年収が多い男性の方が年収が少ない男性と比較して余裕のある生活を送れるからです。

年収が少ないと貯金もできないですし、マイホームを購入することや子供の人数も検討しなければいけません。

これから消費税が更に上がることを考えても、生活のベースとなる年収が低い男性を結婚相手にすると今よりも生活の質が下がってしまう恐れもあります。

また、子供が小さいうちは家にいたいというような女性でも、相手の年収が低ければ出産後すぐに働かなくてはいけなくなるかもしれません。

そういった意味で、女性の中でも贅沢をしたいという理由から高年収の男性が良いと考えているのは少数派です。

年収が高い男性を希望する女性はそれよりも現実的に考え、自分の理想とする結婚生活を送りたいという理由で高年収の男性を希望している人が多いと言えます。

実際の男性の平均年収はどのくらい?

平均年収を調べてみればわかるように、実際の男性の平均年収は女性が希望しているよりもかなり低いと言えます。

実際の男性の2017年の平均年収は30代が495万円程度、そして40代が594万円程度となっています。

この金額は婚活に最も多い世代の男性の平均で、もちろんこの金額よりも高い年収をもらっている人もいれば、低い年収をもらっている人もいます。

業界や職種にもよりますが若い男性は年収が低い傾向にあり、20代で平均年収が400万円を超えるのは28歳以降になります。

もちろん、年収が高いからと言って貯金が多いとは限らず、あればあるだけ使ってしまう浪費家もいます。

逆に婚活でつい避けたくなる実家暮らしの男性は、逆に貯金をする余裕があることも多いので、実家だからと言って年収が少ないと考えない方が良いでしょう。

婚活男性のプロフィール欄の嘘の年収に要注意

婚活をしている男性の年収を年齢ごとに見ていくと平均は450万円~600万円程度になりますが、婚活サイトやマッチングアプリのプロフィールを見ていくとそれよりも多い金額を年収として書いている男性が多いですよね。

ネット婚活では500万円~700万円など年収を選択する項目の幅が広くなっていますが、それでも平均よりも年収が高い男性が目立ちます。

実は、婚活サイトやマッチングアプリで年収の金額を入力するのは自己申告制となっています。

婚活サイトでは源泉徴収票を提出して年収証明をしている人もいますが、そのような人は少数派です。

そのため、ネット婚活では必ず年収証明をしなければいけない結婚相談所と比べると、年収が高い男性が多いと感じるでしょう。

このような平均年収よりも年収が高めの男性は、マッチング率を上げるためや見栄のために年収を実際よりも高くプロフィールに記載している可能性もあります

したがって、実際に会って話してみると話の中で年収と生活のバランスが合わないような人もいるはずです。

婚活パーティでも同じように高めの年収を書いている人がいるので、相手の職種などから判断して注意しましょう。

結婚生活をイメージしてストライクゾーンを広げる

男性の年収に対しての理想と現実の差を埋めるためには、実際の結婚生活をイメージすると良いでしょう。

お金はあればあるだけゆとりが出るのでつい婚活でも男性に年収が高いことを求めがちです。

しかし、結婚生活をイメージすることによって結婚生活を送るのに必要な具体的な金額がわかり、自分自身のストライクゾーンを広げることができます

そして、それが視野を広げて婚活をすることに繋がり、結婚相手として考えられる男性の数を増やすことになります。

結婚は自分と相手がお互いにストライクゾーンに入り、マッチングしないとできないものです。

まずは、自分の理想を少しだけ下げてみて、年収ではなく相手の内面をしっかり見るようにしてみてはいかがでしょうか。

最後に

年収の理想と現実のギャップはかなり多いですし、その男性の年収がずっと同じだったりずっと上がり続けるといった保証もありません。

つまり、婚活で出会った時は良い条件でも、転職で変わるといった可能性もゼロではないのです。

逆に、年収でストライクゾーン外だと思っていた男性が管理職になって年収が一気に上がることもあります。

だからこそ、年収だけを重視して相手を選ぶと後悔することになりかねません

もちろん、目標もなく安定しない非正規雇用を渡り歩いているような相手では不安ですが、婚活では年収を相手選びの一つの参考として見るようにすることをおすすめします。

この記事を書いた人

ジャスティス

結婚相談所で10年間勤務していた経験を活かして、婚活アドバイザーとして現在はフリーで活動中!アラサーの既婚者です。今までに300名以上の男女にアドバイスを送り、成婚を見届けてきました。

関連記事