「婚活やめたら結婚できた」というジンクスに潜む落とし穴とは

婚活は成功することもあれば、失敗することもありますよね。

結果の出ない婚活を一度やめたら結婚できたというジンクスもありますが、この情報は本当に正しいのでしょうか。

ジンクスに騙されて婚期を逃さないように、婚活をやめたら結婚できたというジンクスの本当の意味を検証してみましょう。

婚活をやめることが出会いにつながる訳ではない!

婚活をやめるということは出会いのきっかけを減らすことでもありますよね。

つまり、婚活をやめたら婚活中の時と比較して男性と出会う機会が減ってしまうことになります。

婚活を始める理由として”普段の生活だけだと出会いがないから”ということを挙げる人もいるので、婚活をやめたら結婚できたというジンクスはその逆であると言えます。

実際に、積極的に出会いの場に行かないことで出会いの量は確実に減ってしまいますよね。

だからこそ、婚活をやめたら結婚できたという人が周りにいたとしても、結婚できた直接の理由は婚活をやめたことではないのです。

出会いがなくなったタイミングで結婚できた人は運が良い人ではありますが、婚活をやめたら結婚できたというのはただのジンクスなので惑わされないようにしてください。

現実に目を向けられるようになる

婚活をしている時はとにかく理想を重視して、条件を絞って相手を探す方が多いのではないでしょうか。

そして、理想通りの相手を探している時には、自分では気付かないうちに理想とは違う相手のことは恋愛対象から除いてしまうようになります。

婚活をやめたら結婚できたという人は、これまでは目を向けてこなかった現実に目を向けられるようになったというのが理由の一つとなっています。

例えば、婚活では相手のルックスや年齢、年収などの条件から結婚相手としてアリかを判断しますよね。

それに対し、婚活をやめると自分の身近な独身男性のことを婚活中よりも意識しやすくなります。

その対象が職場の同僚の場合は顔や年収でなく、仕事をしている姿や性格をよく見てアリかどうかを考える人がほとんどなのではないでしょうか。

婚活中とは違った視点で周りの男性を見ることができるようになるので、そこから結婚につなげられる人もいるのです。

結果的に幸せになれれば良いですが、自分がこだわってきた理想を無意識に下げて結婚につなげるのは婚活をやめて結婚できたというジンクスの落とし穴であるとも言えるでしょう。

婚活疲れが解消される

婚活が短期間で終わる人は少数派で、上手くいかないのに数をこなさなければいけないというのは大きなストレスになります。

婚活をやめるということはこのストレスから自分を解放するということを意味していて、婚活疲れが解消されることで気持ちに余裕が出てきます。

年齢的に焦りがある人もいるかもしれませんが、実は上手くいかない時は一度離れてみることが大切です。

婚活を頑張っている時には普段から婚活のことが頭から離れなくなり、気持ちに余裕がなくなって疲れが表情や雰囲気に自然と出てきたりもします。

そして、それが老けて見えたり魅力を感じなくなる原因となり、身近にいる独身男性からモテなくなってしまう可能性もあります。

婚活をやめたら結婚できたという人は、疲れが解消された時に身近なところで良い出会いを見つけることができたり、タイミング良く婚活以外で良い出会いがあったと言うのが正しいでしょう。

この場合には結果的には良かったのですが、婚活をやめたことが結婚できたことの直接のきっかけにはなりませんよね。

時間に余裕ができる

仕事をしている女性の時間は限られていて、通勤時間を含めた仕事をする時間以外の時間がプライベートで使えることになります。

婚活はイベントに参加すると2~3時間程度の時間がかかり、空いた時間に手軽にできるネット婚活でもデートをする場合は数時間から丸一日の時間が取られてしまいます。

忙しい女性は休日にしか婚活ができず、これは婚活によって趣味などに使う自分の時間が減ってしまうことを意味しています。

普段の生活から婚活に割く時間を減らすことは時間やお金を節約することができ、それを自分磨きなどに有効に使うことができます。

そして、自分磨きをしたことによってモテるようになり、それが結婚につながることもよくあることです。

婚活にできるだけ参加して出会いの機会を増やすより、自分の女性としての質を高めることの方が重要である場合もあるのです。

ただし、これは出会いそのものは少なくないという女性に当てはまることであり、女性ばかりの職場で働いているなど本当に出会いそのものがない女性は婚活をする必要があるでしょう。

最後に

婚活をやめたら結婚できたというジンクスは、婚活の相手以外にも視野を広げたり自分磨きをすることで女子力が上がった人が結婚できたということを意味しています。

つまり、婚活さえやめれば誰もが結婚できるという訳ではありません。

そもそも結婚するためのものであるはずの婚活をやめたという行動が結婚へつながるという訳ではないので、結婚をしたくて出会いがないなら少しお休み期間を入れても良いので婚活を続けることが大切です。

\記事をシェアする/
Hatena