婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

婚活で2回目のデートを実現させるためのポイントとは?

婚活で知り合った男性と1回は会うことはできても、なかなか2回目のデートにつなげることができないという方も多いのではないでしょうか。

実は最初のデートはお試しのようなもので、そこで相手にこの相手はないと思われてしまえば、2回目のデートの約束は断られてしまうのです。

意外と成功するのが難しい、2回目のデートにつなげるためのコツをご説明します。

会う前にメールやラインをする

婚活デートでは初対面の印象が最も重要で、人によっては同じ日に初対面の婚活デートを複数人詰め込んでいるというような人もいます。

そのような相手と会う場合、相手はデートする女性を比較して誰を残すかを決める可能性が高いです。

もちろん、この時に残りの女性よりも印象が良くなければ、2回目のデートにつなげることはできません。

また、会う前にはできるだけ相手とメールやラインでのやり取りをすることが大切で、やり取りをすることによって直接会った時の会話も弾んで楽しい時間を過ごすことができます

逆に、ほとんどやり取りをしなければ会って話をしても会話が盛り上がらず、2回目のデートの約束につなげにくくなります。

まだ良い関係が築けていないからこそ、メールでのやり取りが終わっていたとしても会う前日に当日は予定通りで良いかの確認をすることも必須です。

待ち合わせはスムーズに

ネット婚活などで初めて会う時に意外と大変なのが待ち合わせです。

待ち合わせでスムーズに会えなければお互いに面倒な気持ちになったりイライラすることもあり、会う前からテンションは下がってしまいます。

婚活デートではドタキャンや遅刻はしないことはもちろん、わかりにくい場所や混雑するような場所での待ち合わせは避けるべきです。

意外と待ち合わせしにくいのが定番の待ち合わせ場所で、例えば”渋谷のハチ公前”などで待ち合わせすると、人が多すぎて相手を探すのに時間がかかります。

事前に服装の特徴を伝えていたとしても、同じような服装の人がたくさんいて間違えて他の人に声を掛けてしまう可能性もありますよね。

だからこそ、初対面の相手と待ち合わせをする時にはラインなどで会話をしながら相手を見つけることをおすすめします。

待ち合わせで初対面の相手とスムーズに会うためには場所がわかりやすく、待ち合わせの穴場と言えるような場所で待ち合わせるのが良いでしょう。

会話で無言にならないようにする

婚活で2回目のデートにつなげるためには、直接会っている時に沈黙にならないようにすることが大切です。

もちろん、慣れてきたら”沈黙でも気まずくならない関係が良い”と考えている人もいます。

しかし、初対面から沈黙が気まずくならないということはまずないですし、どちらかが気まずくないと感じていたとしてもどちらかにとっては気まずい時間が流れます。

沈黙になってしまうということは一緒にいる意味があまりなく、そして質問をしないということは相手に興味がないということも意味しています。

また、どちらかだけが質問をして相手がそれに答えるだけというのもNGで、会話をする気がない相手との会話はまるで面接のようになってしまいます。

そして、質問をしている側も途中で会話のネタが尽きてしまい、無言の気まずい時間が来るはずです。

例え緊張していたとしても気まずい思いをした相手と2回目もデートをしたいと思うような人はほとんどいないので、バランスの良い会話ができて話題を広げられる相手を探しましょう。

相手任せにしすぎない

婚活に限ったことではないですが、お店選びや会話のリードなどを相手任せにしすぎると2回目のデートにつなげることが難しくなってしまいます。

女性の中にはデートでは男性がリードするべきだと勘違いしている人がいますが、それは少し古い考えとも言えます。

最近では草食男子が増えていて女性を引っ張っていくことで疲れてしまうような男性もいますし、自分ばかりデートのプランを立てなければいけなかったりお店の予約をすることで不平等だと感じる男性もいます。

最初のデートでそのような不満が男性側に溜まってしまうと、男性はモヤモヤした気持ちになって次のデートの約束を承諾してくれなくなってしまうかもしれません。

逆に、色々と提案してくれる気配りのできる女性は男性からもモテます。

婚活で知り合ったばかりの相手には他の相手と比較されやすいですし、ちょっとしたことで相手の気持ちが変わってしまう可能性も高いので注意してください。

最後に

婚活で2回目のデートにつなげるためには相手にマイナスに思われるような行動は避け、自分が好意を持っているということをさりげなくアピールすることが大切です。

例えば、最初のデートの帰りにメールやラインで相手へのお礼や楽しかったということを伝えることもその一つです。

注意したいのはそこで自分から次のデートを提案したり、文章を疑問形にしてやり取りを続けなければただの社交辞令だと受け取られてしまう可能性もあるということです。

女性から誘ってもらえると男性も嬉しいものなので、次につなげたい相手だと思ったら積極的にアプローチするのが婚活を成功させるためのコツです。

この記事を書いた人

関連記事