婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

婚活中の同時進行はあり?相手を傷つけないためのマナーを守ろう

婚活中は1人の相手だけに絞ってしまうと上手くいかなくなった時、また新しい相手を探すところから始めることになりますよね。

したがって、時間を無駄にしないためには同時進行をすることが必要です。

もちろん、同時進行は浮気のようで相手に対する罪悪感を抱く人も多くいます。

しかし、婚活中はまだ交際が始まっている訳ではないので気にする必要はないのです。

同時進行をする時の注意点やお断りの方法についてご説明します。

婚活中は同時進行をしても良いのか

婚活をしている人の中には、自分も複数の人とのやり取りはしないから相手にも同時進行はしないで欲しいという人もいます。

しかし、これは正しい婚活方法であるとは言えません。

なぜなら、婚活では一日で3人の相手とデートの約束をするような人もいますし、一度デートしてみたら意外とタイプではなかったと思ったり、性格や趣味が合わなくてお断りをするケースも少なくないからです。

また、婚活サイトや結婚相談所では女性でも安くはない月額料金を支払うことがあります。

交際前に相手を1人に絞ってしまえば月額料金は全てその相手だけのために支払うことになり、残りの申し込み人数の権利は全て捨てることになるのでもったいないですよね。

婚活中は相手と交際するまでは良い相手をキープしつつ、同時進行で他に良い人を探していくのがおすすめです。

同時進行で連絡を取る相手の増やしすぎに要注意

婚活中には同時進行して複数人と連絡を取ってしっかりと活動するのが良いですが、だからと言ってたくさんの人と連絡を取るのが良いとは言い切れません。

例えば、自分のキャパを超えた人数とやり取りをすると婚活疲れしてやり取りをするのが面倒になってしまいますし、相手に返事を返さないなどの誠実な対応ができなくなってしまいます。

したがって、同時進行で連絡を取る相手の人数は自分の婚活のモチベーションが下がらないような人数には絞るようにした方が良いでしょう。

連絡を取っている途中でその相手と連絡を取るのが面倒だと感じてしまった場合は、自分が相手に興味を持てなくなってしまったという可能性が高いので、お断りの返事をした方が良いかもしれません。

交際することになったら同時進行しないのがマナー

同時進行をしていて複数の相手と進展しそうな雰囲気になった時に誰か1人と交際することが決まったら、他の相手を切らなければいけません。

もちろん、自分が交際すると決めた相手と上手くいくとは限らず、他の相手にお断りをしたにもかかわらず短期間で別れてしまう可能性もあります。

そういった時に、”あの時あの人を切らなければ良かった”と後悔することにもなりかねないですよね。

しかし、交際することが決まったのに他の相手とも連絡を取り続けるということは交際をする相手にも失礼です。

何も知らない他の相手に期待を持たせることになり、結果的にその相手の気持ちを傷つけることにもなりかねません。

婚活で出会った相手と連絡を取ることは、友達付き合いではないといった意味で「浮気」だと判断する人もいます。

真剣に交際することを決めたらその間は同時進行をやめるのがマナーだと言えるでしょう。

相手を傷つけないお断りの方法とは

婚活中に交際することが決まったり、相手と合わないと思ったらお断りをすることになりますよね。

誰か1人に絞ったり”この人との交際はない”と思った時には、告白されていなくてもお断りの返事をしなければいけません。

その時にもできるだけ相手を傷つけないように配慮する必要があります。

相手も婚活をしている以上、お互いが同時進行をしているということはわかっています。

そのため、相手が自分との関係を良い感じだと思っていても、断られるリスクがあるということも把握しているはずです。

相手の本命が自分だった時には、どんな言い方をしても100%傷つけないということはできません。

それでも「伝え方」というのは大事で、伝え方次第でもう婚活はしたくないと思ったり、切り替えて頑張ろうと思わせることができるかが変わってきます。

相手に対してやってはいけないことは、これまで普通にやり取りをしていたのにいきなりLINEをブロックしたり着信拒否をしてしまうようなことです。

これでは相手は自分が悪かったように思い、どこが悪かったかがわからなくなって落ち込んでしまうだけです。

また、タイプではないというように相手が自分で直せないようなことを伝えることも避けましょう。

断り方も臨機応変にするべきですが、”交際する相手が見つかった”と言うのが納得してもらいやすいです。

相手の言動などで直した方が良いところがあれば、それを伝えてあげると次の婚活でも活かせて相手のためにもなります。

最後に

婚活で難しいのは、同時進行をしながらも最終的に1人に絞らなければいけない点です。

お断りの返事をする時には、これまで連絡を取っていた相手に納得してもらえるような伝え方を心がけ、今までの感謝の気持ちを伝えましょう。

婚活を早く成功させるためには、同時進行を上手くこなし、交際相手が決まったらその相手1人に絞るといったように婚活のマナーを守ることが大切です。

この記事を書いた人

関連記事