婚活の平均期間は?短期間で結婚できる人の特徴4つ

婚活はできるだけ短期間で勝負すべきだと言われています。
実は婚活では、活動期間と結果に深い関係があるって知っていましたか?

今回はみんなの平均婚活期間や、短期間で結婚できる人の特徴を解説します。
「なるべく早く婚活を成功させたい!」「効率よく婚活したい」という方はぜひチェックしてください。

婚活期間の平均は?

まずみんなの婚活の平均期間がどのくらいかチェックしましょう。
婚活方法ごとに平均期間は異なるため、理由とあわせて解説します。

マッチングアプリ・婚活サイト

マッチングアプリや婚活サイトといったネット婚活は、今や最も多い婚活方法の一つ。
平均活動期間は6ヶ月〜1年以内とかなり短めです。

ネット婚活はどこでも簡単に始められるため、すぐに行動に移せるスピード感がポイント。
希望条件に当てはまる人を検索することもできるので、無駄なく効率的に活動できます。
積極的に活動すれば、短時間でたくさんの異性に出会える婚活方法です。

ただしマッチングアプリなどは、真剣に結婚を考えていない人もいます。
そのため出会いの数は多いですが、結婚までたどり着くには運と努力が必要なのも事実です。

ネット婚活を短期間で成功させるには、行動力と真剣度の高いサービスを選ぶことが大切です。

婚活パーティー

婚活パーティーの婚活期間の平均は、1年程度です。
一度に出会える数が多く、会うまでに手間もかからないため、ある意味手っ取り早い方法と言えます。

気をつけたいのは、基本的に1回のパーティーにつき1人しか連絡先交換できない点です。
ほとんどのパーティーではカップリングしないと進展できないため、あまり効率の良さは期待できません。

婚活パーティーのみで活動する場合は、1年以上の期間も想定しておきましょう。

ただし婚活パーティーは、人によって最短の成功手段になることもあります。
メッセージでやり取りするよりも直接会いたい!という人には成功しやすい方法です。

結婚相談所

結婚相談所での婚活期間の平均は、1年〜2年程度と言われています。
婚活のプロであるカウンセラーが、お相手の紹介からアドバイスまでサポートしてくれます。

会員の真剣度やスペックが高いのも特徴で、質の良い出会いが期待できます。
他の婚活方法よりも平均期間は長いですが、出会ってから成婚までのスピードは最短です。

結婚相談所によって、紹介以外にも自分で検索して出会うこともできます。
より積極的に出会いを求められるスタイルの方が、短期間での成功に繋がるでしょう。

長期間の婚活がよくない理由

婚活はじっくり時間をかけるよりも、短期間で集中することが大切です。
婚活が長引くとよくない理由を解説します。

年齢を重ねていく

婚活が長引くほど、年齢も重ねていくことになります。
婚活市場において若さは強力な武器であり、一歳でも若い方が有利です。

もちろん、アラフォー、アラフィフになっても結婚できる人はいます。
しかし出会いの幅広さや、好条件の相手を求めるなら、少しでも若いうちが勝負です。

年齢が若い方がいいのは、女性だけではなく男性も同様です。
女性も同世代を希望することが多いため、年の差があるとなかなかマッチングしづらくなります。

時間と共に出費が増える

婚活が長引くほど、経済的なコストも増えてしまいます。
負担がかかってくるのは、婚活サービスの利用料だけではありません。

男性であれば、お見合いやデートでのお茶や食事代も毎回かかります。
女性は服装や美容に気を抜くことができず、さらにシーズン毎の買い替えも必要です。
さらに人によっては、交通費などがかかることも考えられます。

短期間で婚活を終わらせられれば、これらの負担はそれほど大きくありません。
長引けば長引くほど、色んな諸経費がかさんでしまうのが婚活なのです。

モチベーションが下がる

本気の婚活は、体力・気力ともに使うものです。
初めは前向きな気持ちで始めた婚活も、長引くとモチベーションが下がってしまいます。

婚活が長引くということは、その期間の出会いがうまくいかなかった結果です。
気になる人に断られたり、うまくいきかけた人と失敗したりを繰り返すのは辛いですよね。

うまくいかないことが続くと、だんだん自信をなくして婚活疲れに繋がります。
モチベーションが下がると婚活の成功率も下がってしまい、負のスパイラルに陥るのです。

理想が高くなっていく

婚活が長引いてくると、色んな人と出会いを重ねます。
たくさんの異性と出会うことで目が肥えてしまい、決断力が鈍りやすいのです。

特に過去の恋人や、婚活で出会ってうまくいきかけた人が魅力的だった場合は苦戦します。
前の人と比べてしまい、レベルを下げることに抵抗が出てきてしまうためです。

長引くことで「今さら妥協したくない」と意地になってしまいがちです。
しかし実際には、長引くほど条件のいい人とはうまくいかなくなるのが現実です。

そうなると理想がどんどん高くなるのに、成功率は下がっていくので、不毛な長期戦となります。
条件を下げるのも一つの手ですが、やはり短期間で成功させるのが一番でしょう。

婚活が長引いてしまう4つの原因

「婚活は短期間がベスト」と言われても、誰もが短期間でうまくいくわけじゃありませんよね。
そんなときは婚活が長引いてしまう原因を知って、成功に繋げていきましょう。

条件に縛られている

「絶対○○な人じゃないとダメ」と条件を決めつけてしまうのは、婚活が長引く原因の一つです。
条件に縛られているせいで、素敵な出会いを逃しているかもしれません。

絶対条件のハードルが高すぎたり、あれこれと条件が多すぎたりしていませんか?
強すぎるこだわりは、出会いの幅を狭める上、相手の良さを見えなくしてしまいます。

条件を決めるときに大切なのは、幸せな結婚生活を送れるかどうかです。
本当にその条件が必要不可欠なのか、頭を柔らかくして考えてみましょう。

受け身になっている

自分から行動せずに、待ってばかりでは婚活の進展は難しいかもしれません。
受け身すぎて婚活がうまくいかないのは、特に女性に多く見られます。

婚活では、男女ともに自分からアピールしていく姿勢が成功に繋がります。
自分のチャームポイントを武器にしたり、積極的にアプローチしたりといった努力が必要なのです。

受け身になっているというのは、素敵な人から選ばれるのを努力せずに待っているということです。
自分からアピールして積極的になるだけで、婚活は格段にスムーズになるでしょう。

計画を立てていない

婚活が長引いてしまう人は、活動プランが明確でないことが多いです。
出会いは運やご縁といった面もありますが、婚活では計画性が欠かせません。

「いつまでに何をする」といった期限がないと、つい中だるみしてしまうものです。
無計画に婚活すると、何の成果も得られないまま時間が過ぎていた…なんてことも。

「なんとなく」でダラダラ続けるのが一番もったいないので、活動プランはしっかり立てましょう。
自分一人でプランを立てられない場合は、結婚相談所などでカウンセラーに頼るのが確実です。

婚活方法が合っていない

婚活方法の種類はさまざまで、人によって向き不向きがあります。
婚活が長引いてしまうのは、婚活方法が合っていないせいかもしれません。

例えば人見知りがちな人は、婚活パーティーで自分の良さをアピールしづらいでしょう。
こまめなやり取りが苦手な人は、婚活サイトやマッチングアプリでのやり取りが負担になるかもしれません。

婚活サービスによっても、出会いのシステムは異なります。
それぞれに向いている婚活方法は違うので、自分に合う方法が見つかるまで色々試してみましょう。

活動が長引きそうなときは早めに婚活方法を見直し、リサーチして次の方法を考えることが大切です。

短期間で結婚できる人の特徴4つ

婚活が長引く人のいる一方で、短期間で恋人を見つけて結婚に至る人もいます。
短期間で結婚できる人の特徴を4つご紹介します。

条件よりもフィーリングを重視

短期間の婚活に成功している人は、条件よりもフィーリング重視です。
幸せな結婚をしている人ほど、ストライクゾーンを広く設定しています。

求める条件が少ないと出会いの幅は広がり、思いがけない素敵な相手と出会うこともできます。
条件に当てはまる相手と、結婚して幸せになれる相手は別だと思っていいでしょう。

婚活が長引いている人は、条件にこだわって頭でっかちになっているかもしれません。
先入観を捨ててフィーリングを大切にしてみると、相手への見方が変わってくるはずです。

笑顔と清潔感があり好印象

短期間で結婚できる人は笑顔が多く、清潔感があって好印象です。
ニコニコしている人は親しみやすいし、一緒にいるなら清潔感のある人がいいと思うのは自然なこと。

笑顔と清潔感は、誰でも努力すれば手に入れられるものです。
無理な作り笑いはしなくていいですが、安心感を与える笑顔は相手への思いやりでもあります。

男性なら髪型や鼻毛などのお手入れをして、シミやシワのない服に汚れてない靴を履きましょう。
女性なら枝毛やお肌のケアをして、派手過ぎないシンプルなネイルにするだけでも清潔感があります。

ありのままも素敵ですが、笑顔と清潔感は最低限のマナーだと思って身につけましょう。

加点式で相手を見る

短期間で結婚できる人は、相手のことを加点式で見ています。
加点式だと先入観や期待を押し付けることなく、相手をフラットに見ることができます。

減点式の人は、自分の掲げた理想の条件に合うか合わないかで判断します。
そうすると相手の嫌なところにばかり目がいってしまい、ハードルは上がる一方です。

しかしゼロから加点するつもりで相手を見ると、良い部分を見つけられる可能性もあるのです。
人の長所やチャームポイントは、分かりやすく提示されているとは限りませんよね。

相手の良いところを見つけられるようになると、良い出会いの数は増えるようになります。

個性がある

短期間の婚活で結婚相手にめぐり会える人は、自分の個性を持っています。
ほどよく個性をアピールすることで、相性の良い人同士で出会いやすくなるのです。

婚活では万人受けを良くしようと、自分を隠して無難に振る舞う人がたくさんいますよね。
しかし無難な人はアプローチされやすい代わりに、相性の良い人とマッチングしづらい傾向にあります。

最低限の基準さえ抑えていれば、個性はチャームポイントの一つです。
万人受けに寄せているのに婚活が長引いている場合は、個性を出した方が好転するかもしれません。

婚活を短期間で進めるコツ

婚活が長引かせないためには、具体的なイメージと計画性が必要です。
婚活を計画的に進めるためのコツを解説します。

結婚までの期間を決める

計画性のない婚活は、ダラダラと長引いてしまいがちです。
効率的な活動プランを立てることは、婚活をスムーズに進めることに繋がります。

いつまでに結婚したいか具体的な目標を決めて、逆算して行動しましょう。

もちろん相手との出会いは、自分一人でコントロールできることではありません。
具体的に計画するべきなのは、婚活方法の切り替えやアプローチについてです。

例えば、マッチングアプリを使って1ヶ月で出会いがなければ、婚活パーティーも月2~3回参加する。
さらに2カ月続けても成果がなければ、思い切って結婚相談所を利用してみる、といった具合です。

希望条件を明確にする

効率的に出会うためには、どんな人と出会いたいか具体的なイメージが必要です。
現実的に考えて、結婚したときに幸せになれそうかを基準に考えてみましょう。

どんな結婚生活を送りたいかを考えて、本当に必要な条件を2~3つまでに絞ってみてください。
条件が浮かばない、もしくは多すぎて絞れないときは婚活カウンセラーに頼るのがおすすめです。

絶対に譲れないところを明確にする分、細かい所にはこだわりすぎない柔軟さも大切です。
条件がはっきりしていると、求める出会いに合った婚活方法を選ぶこともできます。

自分に合った婚活方法を選ぶ

自分に合った婚活方法に切り替えるのも、スムーズに成功するためのコツです。
ベストな婚活方法は人によって性格や希望条件、住んでいる地域によっても異なります。

「2ヶ月試してダメだったら別の婚活方法にトライしよう」と期限を決めるのもいいでしょう。
自分に合った婚活方法は、ある程度チャレンジしてみないと分からない部分もあります。

本当に合う婚活方法を見つければ、短期間で婚活を済ませてスピード結婚することもありえます。
まずはいろんな婚活方法をリサーチして、価格の低いものから試すのがおすすめです。

まとめ

婚活は、短期間で集中して成功させるのが効率的です。
自分の婚活が長引いていると感じたら、一度立ち止まって見直してみましょう。

必要以上に婚活が長引いてしまうのには、必ず原因があるはずです。
対策を立てて婚活を軌道に載せることができれば、あっという間に進展するかもしれません。

短期間で婚活を卒業して、素敵なパートナーを見つけましょう。

\記事をシェアする/
Hatena