婚活で出会ってから付き合うまでの流れって?期間はどれくらい?

婚活で出会ってから付き合うまでは、社内恋愛などと比較すると早いペースで進展していくことがほとんどです。

婚活で出会った相手とは日常生活の中で出会った相手よりも交際するまでの期間が短く、交際をしている間はお互いが自然に結婚を意識できるのが良いですよね。

出会いから付き合うまでの流れや目安となる期間についてご説明します。

婚活で出会ったらまず連絡を取り合う

婚活で出会った相手とはまず連絡を取って、気が合ったらどちらかが誘って会うことになります。

婚活パーティーでは司会者がイベントの中でカップリングした相手と連絡先を交換する流れを作っていますが、マッチングアプリや婚活サイトでは最初はアプリやサイトを通してやり取りをします。

ネット婚活でも会う約束をした流れでLINEなどを聞いてくる人もいますが、アプリやサイト上でやり取りできることがほとんどです。

個人の連絡先を教えても良いですし、当日まではアプリやサイトを通してやり取りをしても構いません。

ただしサイト上だとリアルタイムで見ることができないからと、会うまでの間にやり取りをする回数が少なくなりがちです。

そうすると恋愛感情が盛り下がって、やり取りをするのが面倒になってしまう可能性があります。

会うまでは無理のない範囲でやり取りを重ね、相手との関係性を築いていくことが大切です。

最初は食事などの短時間デートがおすすめ

婚活で出会った相手とメールやLINEでのやり取りを続けるうちに、お互いが会って話したいと思うようになったら、次のステップとしてデートに進みます。

出会ってから付き合うまでには何回かデートを重ねることになりますが、最初は食事など短時間で相手とゆっくり話すことができる内容がおすすめです。

特に人見知りの方の場合は、最初からハードルの高いデートを提案してしまうとうまくいかなくなり、また婚活からやり直さなければいけないことにもなりかねません。

食事デートは定番ですが、相手がどんな人かを判断するためのポイントがたくさんあります。

女性に奥のソファー席を譲ってくれるかや食事のマナー、お会計の時もチェックポイントになります。

例えば男性の方がお酒をたくさん注文したのに、きっちり割り勘をされるなどの態度を取られたら、女性としては”この人とは付き合いたくない”と判断するきっかけになります。

1~2時間程度の食事デートでも相手がどんな男性なのか、ある程度は判断することができます。

短時間のデートで相手と一緒にいて楽しいと思えたら、次回はもう少し長く一緒にいられるデートを提案するのも良いかもしれません。

デートは期間を空けすぎないことがポイント

婚活で知り合った相手とのデートは期間を空けすぎないことがポイントです。

例えば、ダラダラと連絡だけ取ってなかなかデートの約束をしないとメル友のような関係になってしまって時間の無駄だと言えます。

また、1回目のデートから2回目のデートまでがスムーズにいかないと恋愛感情も冷めてしまいやすくなります。

婚活で知り合った相手とはこれまで築いた関係性もないので、デートが決まらないことで他の相手を探した方が良いかもしれないという気持ちになりやすいのです。

ただし、社会人なので土日の両方など予定を詰めすぎるのも良いとは言えません。

最初は1週間~2週間に一度のペースで会うのがおすすめです。

付き合うまでのデートの回数と期間

婚活で知り合った相手とはデートの回数や期間を見て、どちらかが告白するタイミングを間違えないようにしなければいけません。

告白するタイミングとしておすすめなのはデートの3回目~5回目で、知り合ってから3ヶ月以内です。

それ以上に時間がかかってしまうと、お互いに付き合う気がなさそうだと思って友達のような関係が続いたり、自然消滅してしまう可能性が高くなります。

婚活をしている人の中には、女性側がまだ付き合うには早いと思って一度断り、男性が次に告白するタイミングがつかめなくなってしまう場合もあります。

最近では草食系の男性も多いので、一度女性から断られると次にいつ告白したら良いのかがわからなくなってしまう男性も多いのです。

相手がそういった男性である場合、女性は受け身でいるだけではダメです。

付き合ってもいいなと思ったら女性から意思表示をしないと、疎遠になってしまったり食事に行くだけの関係になって、恋愛感情は薄くなってしまう可能性があります。

婚活で出会った相手とはできるだけ早く次に進むつもりで、付き合うまでの期間やデートの回数を意識するようにしましょう。

まとめ

婚活で出会ってから付き合うまでの流れはある程度決まっています。

難しいのは何度目のデートで相手に告白すればOKしてもらえるのかということです。

告白が早すぎる場合には付き合いたくないから断る訳ではなく、今の段階ではまだ自分の気持ちがわからないからだという場合もあります。

このようなケースではこれからのデートの内容次第で付き合うことができるチャンスがあるので、一回の告白で諦めないことが大切です。

相手に告白を断られたとしても、次のデートをOKしてくれるのであれば脈はあるはずです。

毎回のデートでは相手との縁があるかをしっかりと見極め、短い期間の中で本当に付き合って結婚したい相手かを判断していきましょう。

\記事をシェアする/
Hatena