田舎でおすすめの婚活は?田舎暮らしが体験できる婚活ツアーが人気

都会には、流行で溢れる華やかな街での生活を満喫している人がたくさんいます。

その中でも田舎で育ってきた女性にとっては「結婚するなら田舎がいい」「都会は楽しいけど子供を育てるなら田舎かな」などと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ田舎で婚活を!と思っても、果たして田舎で出会いはあるのか、本当に田舎で結婚してうまくいくのかといった不安から、一歩踏み出せずにいる人も多いでしょう。

そこで今回は、田舎で婚活することのメリット・デメリットや、田舎での婚活を成功させる方法をまとめてご紹介します。

田舎暮らしに憧れる人が増えている

都会は流行で溢れていて、何でも揃う便利さもありますが、ずっと生活していると疲れを感じることもありますよね。

そんな中、自然に囲まれている「田舎暮らし」に憧れる人が増えています。

特に結婚を機に、都会の喧騒から離れ、田舎で暮らすことを決意する女性は多いです。具体的にどういう心境が田舎暮らしに導いているのか、詳しく見てみましょう。

自然の中で子育てしたい

まず子育ての面でメリットを感じている人が多いです。賑やかな都会ではなく、自然の中でのびのびと子育てしたいと考えています。

特に田舎で育ってきた人にとって、都会は一人暮らしをする分にはいいけど子育てには向いていないと感じやすいです。

子供を望んでいる人は、便利性よりも子育ての環境を重視していることが多いので、自然に囲まれた田舎での暮らしに魅力を感じるのでしょう。

都会の日常に疲れた

人口も多くどこかせわしないのが都会の特徴でもあります。上京したての頃は輝いて見えていた環境も、日常になることで慣れを通り越して疲れを感じる人も多いでしょう。

そんな時に田舎のゆったりとした時間の流れを思い出し、田舎で穏やかに毎日を過ごしたいと感じるようになります。

結婚してパートナーとゆっくり過ごしたい、リッチな生活じゃなくてもいいから穏やかに暮らしたいといった理想を叶えられるのが田舎暮らしのメリットです。

のんびりとした暮らしがしたい

時間や流行に追われることが多い都会とは違い、田舎では多少の不便さはあるものの、のんびりとした暮らしができます。

田舎は、周囲が自然に囲まれていて癒されることが多く、気持ちにも余裕が持てます

都会での華やかな暮らしを堪能しきると、自然の多い田舎でのんびり暮らしたいと考え始めます。便利さは感じていても、せかせかとした環境に居続けるとストレスも溜まってしまうからです。

田舎で婚活するメリット

都会での婚活を辞めて、地元に戻って婚活するとなれば、楽しみよりも不安の方が多いのではないでしょうか。

実際、都会に比べて人口や出会いの場が少ないので不安になるのも自然な事です。

しかし実は、田舎ならではのメリットも多く、結婚を真剣に考えている女性こそ、田舎での婚活に前向きになれる可能性が高いのです。

ここでは、田舎で婚活するメリットを具体的にご紹介します。

自治体主催の低価格な婚活パーティーがある

まずメリットとして挙げられるのは、自治体主催の安全で低価格な婚活パーティーがあることです。

都会に比べて人口が少ない田舎だからこそ、その地域での結婚や出産は大変喜ばれます。

各自治体は「ぜひ自分達の街に住んでほしい」「新しい家族を作ってほしい」と願っているので、低価格で婚活パーティーを開催しているところが多いのです。

自治体主催のため安全ですし、その地域で結婚を真剣に考えている男性が集まるため、結婚相手を見つけやすくなります。

同じ出身の人と出会いやすい

自分が暮らしていた地元のため、同じ出身の人と出会いやすいです。同じ出身というだけで親近感が湧くので、打ち解けやすいです。

結婚しても、お互いの実家への帰省が楽なのも嬉しいですね。

田舎ならではの話で盛り上がれる

田舎暮らしを知っている人には、都会で生まれ育った人には分からない、田舎ならではの話題があります。

そんな「田舎あるある」を分かり合えるのも、田舎で婚活するメリットと言えるでしょう。

一緒に盛り上がれる話題を持つことは、関係を進める上でも、関係を保っていく上でも大事なことです。

結婚支援金がもらえるところもある

少子高齢化対策の一貫で、結婚支援金を設けている自治体があることをご存知ですか?

夫婦の年齢や世帯年収や対象地区に条件があるものの、未来を担う若い世代に田舎に戻って結婚してほしいという思いから、新居にかかる費用や引っ越し費用を補助してくれる制度です。

都会に比べて物価が安いとはいえ、新居や引っ越しにかかる費用は軽視できないので、ぜひチェックしておきたいです。

田舎で婚活するデメリット

田舎で婚活するメリットは多いですが、デメリットがあるのも事実です。このまま都会で婚活するよりも田舎に帰って婚活する方が難しいこともあります。

根本的にデメリットとなるのは、やはりイベントや人口が少ないため出会いにくいことです。

「より多くの人と出会って相性が合う人を見つけたい」、「気軽にいろんなイベントに参加する中で結婚相手を見つけたい」と思っている人にとっては、都会での婚活にメリットを感じるかもしれません。

ここでは、田舎で婚活するデメリットを詳しくご紹介します。

都会に比べてイベントが少ない

まず、都会に比べて婚活関係のイベントは少ないことが挙げられます。都会は人口も多く流行の先駆けでもあるため、イベントを開催すれば人が集まりやすいです。

その点、田舎では、多くのイベントを開催したところで人が集まりくい傾向にあります。そのため田舎での婚活イベントは数少なく、開催される場所やイベントの内容も限られます。

価値観が合わないことがある

田舎で育ったとはいえ、一度都会で暮らしたことにより、生活水準や考え方が変わっているのも珍しくありません。

その結果、田舎での結婚を夢見て婚活していても、些細なことで価値観が合わずに、理想の人に出会えないと感じるパターンも多いです。

都会で出会った男性の方が、気が合ったり魅力的に感じやすい時もあるでしょう。そんな経験をするうちに、都会での婚活の方が自分には合っているのかなと悩んでしまう女性もいます。

そもそも出会える人が少ない

人で溢れている都会に比べ、田舎は人口が少ないこともあり、そもそも出会える人が少ないです。

また、都会にいる人と田舎にいる人とでは結婚するタイミングも違います。同年代でも、田舎にいる人は既に結婚している人が多く、結婚相手の対象となる年代の男性に出会いにくくなっています。

都会にいる男性は、ひとしきり仕事中心の生活を送ってから結婚を考える人が多いです。そのため、田舎での婚活よりも都会での婚活の方が、同年代の男性と出会いやすい傾向にあります。

都会の結婚生活との違い

田舎での婚活に不安を抱えている女性の中には、結婚した後の生活について気になっている人も多いのではないでしょうか。

確かに都会と田舎では暮らし方が全然違うので、選択を誤れば後悔しかねません。

都会での結婚生活と田舎での結婚生活、それぞれメリット・デメリットがありますが、考え方や捉え方によって変わるので、後悔しないよう、ここでしっかり違いを見ておきましょう。

車移動が基本

まず、田舎での生活においては、車移動が基本となります。

都会では交通機関が整っているので、公共の乗り物を使えます。そのため車の維持費はかかりませんが、電車遅延や混雑によるストレスを感じることが多いです。

その点、田舎での車移動は、都会と違いストレスを感じません。自分だけの空間を過ごせるので、毎日気持ちのリフレッシュができます。

ご近所付き合いがある

希薄なご近所付き合いも多い都会に比べ、田舎暮らしではご近所付き合いが必須とされています。

町内会などもあり、地域の中での繋がりを重要視しているので、「苦手だから」「面倒だから」といってご近所付き合いを軽んじるわけにはいきません。

しかしご近所付き合いを大事にすれば、何かあった時に助け合える関係になります。結果的に得をします。

自給自足の生活

自然が多く空気や水も美味しい田舎では、自給自足で生活している人が多いです。

都会暮らしに慣れた女性からすると「自分で食糧を育てるなんて面倒だし私には無理」と思うかもしれませんが、無農薬で育てられるので安全です。何よりも食に対する意識が変わります。きっと今までよりも美味しく食事ができるでしょう。

また、子供ができたら、食べ物の大切さを身を持って教えられるので教育にもいいです。

相手の家族に大事にしてもらえる

都会で結婚する人が多い中、田舎に嫁ぐお嫁さんは重宝されます。

干渉されたくないという性格の人にとっては、放っておいてほしいと思うかもしれませんが、相手の家族に大事にしてもらえるので「嫁姑問題」に悩むことは少ないです。

結婚生活は、相手との相性だけではなく、家族同士の相性も大事です。相手の家族が受け入れてくれることで、より一層結婚生活を満喫できることでしょう。

自然豊かな環境で過ごせる

田舎暮らしの醍醐味とも言える、自然豊かな環境。都会暮らしに慣れている女性が気になるのは、虫や野生動物との共存や、自然災害の心配ではないでしょうか。

確かにそれらは自然豊かな環境で生きる上で切り離せない問題ですが、それ以上に癒しや幸福度を得られるのも事実です。

自然豊かな環境で暮らしていると、季節を存分に楽しむことができます。都会で感じるような人間関係のストレスがなく、穏やかに過ごせます。

田舎で結婚相手を見つける4つの方法

実際に地元に帰ったら、田舎ならではの利点を活かして結婚相手を見つけましょう。

田舎での婚活を成功させるには、大事なタイミングを逃さないこと、そして自分が自然体でいられる居心地の良い男性を見極めることです。

ここでは、田舎で素敵な結婚相手を見つける方法を4つご紹介します。

1.同郷の友人に紹介してもらう

まずは同郷の友人に、地元に帰ってきたことを報告し、結婚したい気持ちがあることを伝えましょう。

昔のあなたを知っている友人だからこそ、本当に合いそうな人を紹介してくれる可能性が高いです。

都会にいた時は華やかさに憧れて、取り繕っていたこともあるでしょう。幸せな結婚をするには、自分が自然体でいられる人を選ぶことも重要です。自分で見つけるよりも同郷の友人に紹介してもらう方が適格な場合もありますよ。

2.婚活アプリを使う

イベントや出会いのきっかけが少ない田舎で、より相性がいい男性と出会うには、婚活アプリを使うことも効果的です。

婚活アプリは、一般的には会う前にメッセージでやり取りをするため、住まいや趣味などを事前に確認できます。

そのため無駄に会う必要がないので効率的に出会えるのです。

近年、様々な婚活アプリが出ていますが、大手企業が運営しているものや口コミがいいものを選ぶことで、婚活アプリ初心者でも安心して利用できます。

おすすめの婚活アプリ(サイト)はこちらへ

3.結婚相談所・婚活パーティーを利用する

結婚相談所・婚活パーティーの開催があれば、ぜひ参加しましょう。こういう場に来ている男性は結婚を真剣に考えているので、最初から結婚を前提とした会話ができます。

恋愛関係から入る場合、結婚の話題は重いと避けがちです。しかし、結婚を前提にした人との出会いであれば、できるだけ早い段階で、結婚に対する意思や人生設計などを話すのがいいですよ。

おすすめの結婚相談所はこちらへ

おすすめの婚活パーティーはこちらへ

4.田舎に興味のある都会人を探す

田舎に住んでいる人に絞らず、田舎暮らしに憧れている人にも対象を広げれば、出会えるチャンスが増えます。

婚活アプリであれば、田舎に興味がある人も簡単に探せます。知り合いの紹介など、都会にいる同郷繋がりのメンバーで食事会やイベントに参加して繋がりを持つのも効果的です。

田舎暮らしを体感できる婚活ツアーが人気!

田舎での結婚を考えている人に向けた婚活手段の中で最近人気なのが「婚活ツアー」です。

婚活ツアーは、旅行のような感覚で婚活ができます。リフレッシュにもなりますし、何よりも婚活パーティーのように短時間の会話で終わりません。しっかり一人一人と向き合って、結婚相手を探すことができます。

また、田舎での実施になるため、実際に田舎暮らしを体験できるのも大きな魅力です。

一泊二日でプチ旅行気分が味わえる

婚活ツアーは一泊二日のタイプが多く、ただ会場に行って自己紹介を交わすだけで終わりというようなものではないので、プチ旅行気分が味わえます。

普段都会で過ごしていて、疲れを感じながら婚活している人は、ぜひ田舎暮らしを体験できるような婚活ツアーに参加してみてはどうでしょうか。

田舎での結婚生活を手に入れるチャンスが広がるだけではなく、日頃の疲れも取れるでしょう。

田舎暮らしが実際に体験できる

都会の暮らしに慣れてしまうと、田舎暮らしに戻れるか不安で、なかなか踏ん切りがつかない人も多いでしょう。

そんな人にこそ、婚活ツアーがおすすめです。田舎暮らしが実際に体験できますよ。

インターネットやテレビの情報だけでは分からないこともあります。都会で生活しながらでも田舎暮らしの体験ができるので、田舎での結婚を真剣に考える機会にもできます。

長時間異性と一緒に過ごせる

一般的な婚活パーティーは、異性と過ごす時間が短く、ほとんど自己紹介だけで終わることも少なくありません。そんな一瞬で人となりを判断するのは難しいですよね。

婚活ツアーであれば、長時間異性と一緒に過ごせるので、いろんな面を知ることができます。第一印象では気にならなかったものの、一緒に過ごすうちに魅力に気付くというパターンもあるでしょう。

幸せな結婚生活には、自然体で過ごせる相手であることが重要なので、居心地の良さを判断できるのは婚活ツアーならではの魅力と言えます。

まとめ

都会暮らしを経て田舎での結婚を考えている人にとって、不安に感じていることも多かったでしょう。人生の転機なので、不安になるのは自然なことです。

不安があるからこそ、メリット・デメリットを把握したり、田舎での婚活を成功させる方法を知ることで、一歩踏み出せるようになります。

田舎ならではのメリットを活かしながら婚活を楽しんで、素敵な結婚を目指しましょう!

\記事をシェアする/
Hatena