お見合いの服装はコレで決まり!好感度アップのポイントは3つ

婚活でお見合いをする女性が悩むことの一つに、どんな服装を着ていくべきかという問題があります。

初めてのお見合いで、相手に気合いを入れすぎだと思われるのも恥ずかしいけれど、当然手は抜けない。

TPOをわきまえていないと「常識がない」と思われて、第一印象でのマイナスイメージを挽回することが難しくなってしまいます。

お見合いを成功に繋げるために、好感度が高くなる服装選びのポイントについてご説明します。

これだけは押さえておきたい!お見合いの服装の基本

女性のお見合いでの服装は、カジュアルとフォーマルの中間くらいに見せることを心掛けてください。

堅くなりすぎず派手すぎず、普段着っぽく見えないところを狙うことをおすすめします。

女性らしさをアピールするためには、パンツよりも綺麗めなスカートやワンピースを選ぶと良いでしょう。

お見合いでの服装は第一印象に直結するので、その場に適しているかを確認しながらアイテムやコーディネートを考えておきましょう。

お見合いの第一印象が良くなる服装の3つのポイント

一言でお見合いの服装と言っても、”お見合いなら必ずこんな服装を選ぶべき”という定義はなく、女性全員が同じような服装を選べば良い訳ではありません。

相手の好感度をアップさせるためには、常識的な範囲で自分らしさを出して服装で個性を表現することも大切です。

相手からの印象がアップすること間違いなしの3つのポイントをご紹介します。

年齢やTPOに合う服装を選ぶ

TPOというのは時間、場所、場合のことです。

つまりお見合いの時間帯や場所、シチュエーションに合った服装をうまく着こなせているかということです。

例えばランチには爽やかな色の服を選ぶとか、座敷なら短いスカートは避ける、場にそぐわない露出やカジュアルアイテムは避けるといった具合です。

TPOに合わせることができない人は「常識がない」「空気が読めない」といった印象を与え、家庭に向かないと判断されてしまうかもしれないので要注意です。

また年齢に合った服装選びも、あなたの魅力をより引き出して好感度を高めるコツです。

お見合いでは無理に若作りや背伸びをせず、自分の年齢に合った色使いやシルエットの服装を選び、そのままの魅力を引き出せるようにしてください。

相手の男性本人だけでなく、服装の印象によっては相手の親に反対される可能性もあるので気をつけましょう。

ヘアから足元まで清潔感があるアイテムを選ぶ

お見合いの服装では、全体的に清潔感が何より重視されます。

したがって、洋服だけではなく髪の毛が乱れていたり、靴がボロボロなだけでもだらしない印象を相手に与えてしまいます。

身につけるアイテムの一つ一つに、糸のほつれや汚れなどがないか、手を抜かずに色んな角度からチェックしましょう。

また、自分のスタイルに合った服装を選ぶことで、さらに洗練された印象になります。

例えばぽっちゃりが気になる部分はカバーして、少しでも自信のあるパーツは強調するなど、体型に合わせてメリハリをつけるだけでぐっと魅力的に見えます。

大事なのはファッションを利用して、自分をいかに綺麗に見せるかということなのです。

お見合いの場で男性ウケの良いコーディネートを

婚活では、男性ウケの良いコーディネートやアイテムの色はある程度決まっています。

男性に人気が高いのは、淡いピンクやベージュ、白などの柔らかく女性らしいイメージの色ですが、これらは顔色をよく見せる効果もあります。

アイテムとしてはワンピースにジャケットを羽織るか、女性らしいブラウスとひざ丈のスカートが定番です。

男性ウケの良い服装を着こなすと、女性本人が優しい感じに見えて好印象を持たれやすくなります。

普段はパンツやカジュアルな服装が好きだという人も、最初のお見合いではドレスコードを楽しむ気持ちで女性らしいファッションに挑戦してはいかがでしょう。

マイナスな印象に!?お見合いでのNG服装とは

お見合いでの服装には印象をアップさせるファッションがある一方、不適切だとされるファッションもあります。

そのような服装でお見合いに参加すると、好印象を持ってもらえないどころか、相手にマイナスイメージを与えます。

お見合いで気をつけたいNG服装は、基本的にカジュアルすぎるものか派手過ぎるものの2つです。

例えばデニムなどカジュアルな印象が強い素材やぺたんこ靴、逆にハイブランドのロゴが目立つバッグや10センチ以上あるヒールなどです。

お見合いでは男性もスーツやジャケットを着てくることが多いため、女性だけカジュアルな服装をしているとだらしない印象を与えます。

また明らかなブランド物や派手なアイテムもやり過ぎな感じがしてしまい、男性だけでなく相手の親からもあまり良く思われません。

そういった細かなNGポイントさえ把握しておけば厳密なルールはないので、お見合い当日に服装で失敗するようなことはなくなるでしょう。

最後に

初めてお見合いをする女性にとっては”婚活パーティー”より堅いイメージのお見合いは緊張して、服装選びも大変ですよね。

しかし、お見合いでの服装のポイントは、他の婚活方法でも共通したところがあるものです。

お見合い向きの服装は他の婚活でも応用できるので、ぜひ自分を引き立たせる服装をこの機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

とはいえ女性の服装は男性のようにスーツを着れば良いという訳ではないので選ぶのが難しいですよね。

今後もお見合いを利用する可能性がある女性は、いくつかお見合いでの服装のパターンを用意しておくと、次回のお見合いでも悩むことなく男性ウケの良い服装を選ぶことができますよ。

\記事をシェアする/
Hatena