婚活でみじめな気持ちになったときに試してほしい4つの考え方

婚活をしていると、上手くいかなくてみじめな気持ちになることもありますね。

例えば、こちらがいいなと思った相手から、いい返事がもらえないことが続いた時。

婚活パーティーに参加してみたら、フリータイムで一人ぽつんと余った時。

友人がどんどん結婚していく中、自分だけ独身で婚活を頑張っている時…。

活動していて手応えを得られないと、ネガティブになって婚活に対するモチベーションが下がりがちです。

しかしそんな時、考え方を変えるだけで前向きな気持ちになることができます。

みじめな気持ちになったら、次の4つの考え方を試してみてください。

婚活に対するイメージを変えてみる

「婚活をしているのは、モテない売れ残りの人たちばかり」

そんな独身女性への偏見を持つ人は多く、両親や周りからのプレッシャーに悩む方もいるでしょう。

必死に婚活するのは恥ずかしい、と独身の自分がみじめに思える時もあるかもしれません。

しかし、婚活している自分をみじめに思う必要なんてないのです。

“婚活=売れ残り”はとっくに古い考え方で、今や5人に1人は婚活サービスを利用している時代。

婚活というのは、出会いの形の一つに過ぎません。

ただ日常を過ごしながら縁を待つよりも、質のいい出会いを期待することもできます。

婚活をしているということは、向上心を持って積極的に行動している証です。

年齢などの条件に関わらず、どんな女性も婚活していることに胸を張っていいのです。

ご縁のあるタイミングなんて本当に人それぞれなので、早い遅いと言った周りの声は放っておいて構いません。

世間のデータはあくまで一般論ですから、あなたに合った出会いは必ずあります。

タイミングや出会いの形にこだわらず、積極的にご縁を見つけに行きましょう。

あなたはまだ将来の結婚相手を選べる

なかなかいい人とカップルになれないと嘆いているとき、少し視点を変えてみてください。

一旦はみじめな気持ちになるかもしれませんが、出会いの場は無限にあります。

つまり、これから参加する婚活でもっと良い相手と出会える可能性も十分あるのです。

今ステディな相手がいないからこそ、自由に婚活や合コンに参加して、より良い出会いを探せるのだと考えましょう。

たまたま良い相手に出会えなかったことに絶望するより、「自分はまだ相手を選べる!」という余裕を持つ方がお得です。

”また次がある”とポジティブな考え方ができると、モチベーションも保たれます。

婚活はご縁ですから、ぴったりのお相手と出会えるタイミングは必ず巡ってきますよ。

より良い出会いを探すために、これまでの婚活での経験を活かすようにしましょう。

例えばどんな男性と相性がいいと感じたか、自分の魅力はどこにあるのか把握しておくとスムーズな婚活ができます。

モテないのではなく上手な妥協ができていない

長く婚活をしていると、自分には魅力がないと思ってしまう女性もいます。

しかし実際にはモテないのではなく、婚活で上手に妥協できていないだけかもしれません。

みじめだと言う女性の中には、男性から申し込みはそれなりにあるという方も結構います。

そんな女性がなぜ自分はモテないと錯覚しているのかというと、男性に対する条件設定が厳しいことが多いんです。

自分がいいと思う男性以外は数に入れないため、出会いがないと嘆いているんですね。

しかし良い条件が揃った男性は少ないですし、出会っても人気が高いのでマッチングする可能性は低くなります。

上手に妥協をすることでストライクゾーンが広がれば、良い相手と出会える可能性はぐんとアップしますよ。

今求めている条件のハードルをちょっぴり下げて、色んな男性に目を向けてみましょう。

自分が得する婚活を選んでいく

求める条件を見直すだけでなく、自分が“求められる”婚活をすることも重要です。

婚活で相手に高い条件を求めてしまうのは、男性も同じです。

高望みをする男性が多い以上、女性は自分のスペックで“最も得する”婚活にターゲットを絞りましょう。

例えば29歳の女性が、20代限定の婚活パーティーに参加すると、不利になりがちですね。

わざわざ不利な条件で婚活をして、不要にみじめな思いをするのはもったいないです。

年齢でも職業でも、自分が選ばれやすくなるマーケットを考えてみてください。

マメな方はアプリを利用する、会話に自信がある方はパーティーに出向くなど、ご自分に合った婚活方法を選ぶことも大切です。

男性から求められることを経験していくと、自信がついてますます魅力的になりますし、視野も広がります。

最後に

真剣に婚活をしていると、自信をなくしてしまう場面は誰にでもあります。

全員が上手くいく婚活なんて、まずありません。

どんな女性でも、大勢の中からたった一人の相手を見つけることは難しいものです。

しかし本人に問題があるというよりも、戦略に改善の余地があることがほとんどです。

ですから自信をなくしたり、卑屈になる必要はありません。

ご自分に合った婚活を見直して、次の婚活を成功させるよう切り替えましょう。

ポジティブに考えて、粘り強く実践していくことが婚活成功のコツです。

トライアンドエラーを繰り返すうちに、あなたに合った理想の出会いが見えてきますよ。

\記事をシェアする/
Hatena