婚活する女性たちが結婚するまで続ける婚活ブログ

注目を集めよう!婚活で重要な「自己PR」の素敵な書き方

婚活において自己PRはとっても大事です!

特にネット婚活や結婚相談所での出会いは、実際に会う前にマッチングする必要があります。

あなたの魅力がきちんと伝わり、男性が興味を持つような自己PRを書くことで、たくさんの男性から注目され、お見合いの確率も断然上がります。

自己PRの重要性

自己PRはあなたをアピールできる場です。

ネット婚活や結婚相談所でお見合い相手を選ぶ時に判断材料となるものは、「プロフィール」「写真」そして「自己PR」です。

この3点で男性に興味を持ってもらえないとお見合いに進むことはできません。

プロフィールと写真はあなたの基本情報です。

しかし自己PRは書き方次第で相手への印象は大きく変わります

あなたのプロフィールを見て、男性が共通点を見つけたり興味を持つ内容が書いてあると、自然と「話してみたいな」と思ってもらえます。

その逆で、自己PRがいまいちだとそれだけでお見合い候補から外されてしまう可能性もあるのです。

そこで、成功する自己PRの書き方について紹介したいと思います。

ポイント1:自己PRの書き出し

自己PRの冒頭部分には必ず「初めまして」「こんにちは」「プロフィールを見ていただきありがとうございます」などといった挨拶の一言入れましょう。

書き出しに一言あると印象が格段に上がります。

冒頭の一言があることで相手は親しみやすく感じます。

冒頭の一言がなく、いきなり本題に入ってしまうと自己PR全体が冷たい感じになってしまいますよ。

ポイント2:前向きな婚活動機

婚活を始めるきっかけは人それぞれだと思います。

しかし自己PRではあくまで明るく前向きに婚活を行っていることが伝わる文章にしましょう

実際には「親がうるさいから」、「周りに独身がいなくなったから」という理由で婚活を始めた人もいるでしょう。

しかし、そういった「仕方なく婚活を始めた」という理由より、「友達の幸せな姿を見て私も結婚したくなりました」と言われた方が印象は良いですし、真剣に婚活をしていることが伝わります。

ポイント3:理想の家庭像

あなたがどんな家族を築きたいか、どんな結婚生活を希望しているかを書くことで相手もあなたがどういった人なのかイメージしやすいでしょう。

また男性も似た家庭像や結婚生活を理想としていたら「お!」と思い、あなたに興味を持ってくれるはずです。

ただ注意点として、理想をあまりにも具体的に書きすぎると我が強いと思われ、引かれてしまいます。

あくまで抽象的な理想像を書くようにしましょう。

ポイント4:理想とする相手について

どんな男性を理想として婚活をしているのか書くことも大切です。

「優しい人」や「笑顔が素敵な人」といった抽象的な内容であれば、「自分も当てはまる」と思える男性も多く、お見合いが成立しやすくなるでしょう。

もし趣味が同じ人が良いといった希望を持っているのであれば、「一緒に趣味を楽しめる人」を理想としていると記載しておくと、同じ趣味の男性とお見合いが成立する確率が上がります。

ただ年収が○○万以上などといった具体的すぎる条件は書かないように注意しましょう。

ポイント5:趣味について

趣味を書くことで同じ趣味を持つ男性はうれしくなるでしょう。

趣味が同じであったり、男性が興味を持つような趣味であれば、会話のネタにもなります。

珍しい趣味を持っている人は、それだけで注目してもらえるかもしれません。

ポイント6:仕事について

職業について書くことも、どんな人なのかイメージしやすくなります。

しかし、会社名や詳しい仕事内容までは記載する必要はありません

会社や資格によっては自慢と取られてしまう可能性もあります。

ポイント7:性格について

結婚するとなると性格が合うかは大事ですし、性格を書くことであなたのことがイメージしやすくなります。

しかし、なかなか自分で自分の性格を分析し書くことは難しい場合もあります。

「よく周りに○○だと言われます」といったように、友人や周りの人に褒めてもらった内容を書くと伝わりやすいでしょう。

ポイント8:家庭的な面をアピール

結婚するとなると誠実さや家庭的であることを重要視する男性は多いです。

一人暮らしの場合は、「自炊をしている」「家事が全般的に出来る」とアピールしやすい内容でしょう。

実家暮らしの場合でも、「将来に向けて母親から料理を教わっている」などと書くことで家庭的なことがアピールできます。

ポイント9:休日の過ごし方

休日の過ごし方を書くことであなたのライフスタイルや人生の楽しみ方が伝わります。

また、交際に発展した時や結婚してからの生活がイメージしやすくなります

ポイント10:自己PRの締め

自己PRの最後には、読んでくれたことに対する感謝の気持ちを一言添えましょう。

自分のPRを言いっぱなしにするより、終わりの挨拶が一言入ると文章がまとまります。

冒頭同様、最後の挨拶は礼儀の一つなので、「きちんとした人」という印象にも繋がります。

自己PRの成功なしに婚活成功はない

条件や見た目が優れていても、自己PRで失敗すると一気に対象外になってしまう可能性もあります。

自己PRであなたの魅力をアピールできれば婚活が一歩前に進む確率は上がるでしょう。

この記事を書いた人

関連記事