【楽天オーネット体験談】私が出会えたのはこんな人

楽天オーネットに入るまでの私はまさに、迷走状態の中にありました。

元彼と別れてから約一年。

結婚をするために彼との別れを決意したのに、独り身でいることに何ら代わり映えない現状。

仕事に行ってはヘトヘトに疲れて帰りの繰り返しで嫌気もさし。

週末といえば、合コン。

いえ、そうなればまだ良い方なのですが、36歳にもなると、自然にそういうものは徐々に消滅していき「お誘い」はなくなるものなのです。

楽天オーネットに入ったきっかけ

週末、いつものようにまだ結婚していない幼馴染の友人と、ちょっとだけ遠出して、ビュッフェへ。

現実に打ちのめされて、動けなくなっている私にとっては唯一の楽しみです。

食事をしながら話すのは決まって恋愛や、結婚の話です。

しかし、当然ながら、”話すことがない”私はある時は自分のこういった結婚がしたい!という結婚への妄想を話し、
またある時は友人の話の中で男性が登場するたび、つきあってみれば?と軽はずみな発言をするのみでした。

友人もさすがに、この馴れ合いのままではダメだと思っていたのでしょう。

その時、友人から発せられた起死回生と言っても過言ではない一言が「楽天オーネットに今から行ってみない?」でした。

ちょうど遠出した先の近くに楽天オーネットの店舗があったため、その足で二人して入会することにしました。

入会金はちょっとお高いですが、こうやって自由に使えるお金があるということだけが、悲しいかな独女の強みなのであります。

楽天オーネット婚活パーティー

出会えたのはこんな人 その①

入会してまずお会いしたのは33歳・医療品製造工場勤務・年収420万円の男性です。

会員さんの顔写真から、私が選び、お見合いセッティング形式となりました。

私より3歳も年下で、しかもなかなかのイケメンです。

若い年齢であるにも関わらず、彼は結婚にとても積極的で、”すぐに結婚したいか?””仕事は継続したいか?”など私の希望を細かく聞いてくれました。

当初、こんな人と出会いがあるのかと驚いたことを今でも覚えています。

また、彼とは共通点も多く、自転車が趣味であること、ネットサーフィンが好きなこと、好きな食べ物が同じこと、なんなら銀行(マイナー)まで同じで、私は彼が自分ととてもよく似ていると感じました。

出会えたのはこんな人 その②

次に、私がお会いしたのは43歳・大学勤務・年収800万円の男性です。

何度か掲示板で趣味や、お仕事の話をやりとりしているうちに、彼の大らかな性格に惹かれ、お会いすることになりました。

住んでいるところが隣県のため時間がかかるにも関わらず、毎回会いに来てくれました。

デートは近くの大きな公園で散歩をし、彼の好きな彫刻を見て回ったり、カフェでお茶やケーキを食べたりして、のんびりと過ごすことが多かったです。

彼といると不思議と、とても心が落ち着いて、素の自分でいられることから結婚後の関係性が想像しやすかったです。

出会えたのはこんな人 その③

次にお会いしたのは42歳・年収550万円・大手メーカー工場勤務の男性でした。

同様に、掲示板のやりとりをしていましたが、彼が忙しい等の理由で、お会いする機会をなんとなく逃していました。

少しイライラとした私が半ば無理やり日程を決めてしまい、初めてお会いした時には、なんと半年が経過!

話してみると、「会って終わりになるのが嫌だった」とのことでしたが、その後すぐにお付き合いが始まることになりました。

デートは、広島県のフラワーフェスティバルに行ったり、彼の趣味であるドラムのライブに出かけたり、山口県、錦帯橋の花火大会に行ったりと、活発に過ごすことが多かったです。

どちらかというと内向的な私にとっては、逆に新鮮でとても楽しい時間を過ごすことができました。

結婚がしたいあなたへ

私モテないから結婚できない、と言う人がいますが、結婚にはモテる必要は全くないと思います。

私は前に述べたような出会いの他にも、たくさんの出会いがありましたが、いずれも結婚にはいたらず、多くは相手にもされませんでした。

でも婚活から結婚して感じたことは、多数の人に気にしてもらえなくてもいい、ということです。

いつか結婚まで辿りつくであろう、ただ一人の人から気にしてもらえればいい、そう思っています。

また、結婚相談所に行くのは恥ずかしいこと、そう考える人もいると思います。

幸いなことにも私の入会した楽天オーネットでは万全の配慮があり、会員の方と思われる人の気配はすれども、他の方と鉢合わせするようなことも一度となく、恥ずかしい思いをしたことがありませんでした。

しかしそうは言っても人生のポイントでは恥ずかしいことはつきものです。

結婚しても、出産しても、その先も。

結婚相談所に行くより恥ずかしいことは、まだまだあるかもしれません。

私のように、出会いに行き詰まった場合には、一度結婚相談所へ行かれて相談することも、人生においてはまた転換期となり得るでしょう。

楽天オーネット婚活パーティー

\記事をシェアする/
Hatena