【結婚相談所体験談】47歳、年収7,522万円のおじさんから申し込みされた話

24歳で結婚相談所に入ったと言うと「若いのに何で?」と聞かれます。

ずばり「高収入な方と結婚したいから」です。

結婚相談所は最初からお相手の年齢、職業、年収、家族関係などがはっきりしていることがメリットです。

お申込みをしてきて下さった方の中で最高齢の47歳の男性を紹介します。

結婚相談所に入ろうと思ったきっかけ

合コン、紹介、マッチングアプリとありとあらゆる婚活をしてきたわたし。

相手の身元がはっきりしていないままお付き合いをすることに効率の悪さを感じていました。

例え年収1,000万円と口で言っていても、アプリで申告していても、実際どうだかわかりませんよね。

それが結婚相談所なら源泉徴収票の提出が必須ですし、独身証明書を提出しないとそもそも入会できないので絶対に独身者です。

さらに、家族構成や結婚後の同居の有無など本人に直接聞きにくいことも最初から分かっています。

性格面以外の条件面でお付き合いしてから「こんなはずじゃなかった」となる確率が低いのです。

一番手っ取り早く結婚に近づくには結婚相談所だなと判断し入会を決めました。

申し込みしてくる男性達

「若い」それだけで大歓迎されました。

男性は「年収」女性は「年齢」というのは本当なんですね。

入会してすぐに男性から申し込みをたくさんいただきました。

多くは28~35歳位の男性で年収は平均650万円ほどです。

結婚相談所の女性の年齢の平均は30歳前後ですから、わたしは格段に若いということになります。

「若い子を狙うならそれなりの年収がないといけないだろうな」と判断する男性が多いのか、年収の低い男性から申し込みはあまりされませんでした。

男性陣のルックスは

結婚相談所に入会している男性はださいと思っていませんか?

わたしも入会前はそのように思っていました。

でも実際はそうでもないのです!!

ハイスペック男性はとにかく時間がないことが多く、出会いの場に出向くことが難しかったりします。

また、だらだら付き合って結婚ではなく、最初から結婚を意識したお付き合いをしたいなどの理由で、ぱっと見てモテそうな男性がごろごろといました。

度肝を抜かれた申し込み

ある日結婚相談所からお見合い申し込みが届いていました。

今度はどんな方かな?とワクワクしながら開けてみると・・・・

くたびれたおっさんの写真が!!

びっくりして年齢を確認すると47歳。

改めて確認しますが、わたしの年齢は24歳ですから歳の差なんと23歳です。

わたしの父が54歳ですから父と7歳しか違いません。

この事実をどう受け止めればいいのか笑

おっさんのスペック

身長176㎝、やせ型で髪の毛もふさふさ。

日本で一番偏差値の高い大学を卒業し、弁護士になり、いまは独立して弁護士事務所を経営しているそうです。

バツイチですが子どもはすでに成人しているので養育費の心配はなく、都内に持ち家をもっておりローンの支払いも終わっていて、ご両親は他界されている為同居の心配もなし。

ご兄弟は2つ年下の45歳の妹さんがいて地方に嫁いでいるのでうっとうしい親戚付き合いもなし。

どうして申し込みをしたのか

普通の47歳のバツイチ男性は23歳も年下の女性に申し込みなんてしないはずですが、この男性年収が7,522万円もあったんです。

あ~なるほどねぇ。

自分の年収が高いから若い子でも狙えると思ったんですね。

確かに24歳の女性の中で「この年収があるなら年齢なんて気にしないわ!」と思ってお見合いを受ける方もいるかもしれませんね。

でも仮に結婚して子供を授かってその子が二十歳を迎えるとき、このおっさんは60代後半のおじいちゃんです。

今の時代40代後半で孫が生まれるというのは珍しくないですから、まさにおじいちゃん。

自分より23歳も年上の男性は生物学的に言って先に亡くなる可能性が明らかに高いですし、そのあとウン十年も独りぼっちで生きていく自信もないのでわたしはNGです。

担当カウンセラーさんからの猛烈プッシュ

お断りをしたわたしですがまさかの担当カウンセラーから「猛プッシュ」を受けました。

電話がかかってきて「この方、会社経営の年収ももちろんですがマンション経営をしておりますし、市内一等地に十分な土地も持っていらっしゃいます。年上ということで色々と思うところはあるかもしれませんが、一生食べていけるだけの資産は残していただけるかと思いますのでご検討いただけませんか?見た目もとても若々しくていらっしゃいますよ。とても47歳には見えませんよ。」と言われました。

恐らく担当カウンセラーさんは47歳のおっさんから「お見合いしたいからなんとかしてくれ」と言われ、交渉してきたのだと思います。

いくら稼いでいても、いくら資産を残せるとしても47歳は47歳です。

担当カウンセラーさんには悪いですが丁重にお断りをしました。

申し込みしてくる人=あなたのレベルではない

24歳のわたしなのにどうしてこんな年上から申し込まれるの?

わたしの価値ってこんなもんなの?

と落ち込みそうになりましたが、男性は自分と釣り合う女性か、自分が狙える女性なのかは深く考えてない模様。

「この子いいな」という感覚だけで申し込みしているそうです。

ですから女性はいちいち落ち込む必要はありません。

「勘違いしてるおっさんから申し込みきてネタになるな」と前向きにとらえましょう。

\記事をシェアする/
Hatena