【エクシオ体験談】婚活パーティーでのちょっと恥ずかしい出来事

エクシオの婚活パーティーには、私の住んでいる地方でも、男女各10名以上の参加者がある時があります。

たくさんの出会いがあることは、それだけ結婚に繋がるチャンスも増え、嬉しい限りなのですが、大勢いるからこその恥ずかしい体験をすることも・・。

恥①カップリングしたと思った

エクシオの婚活パーティーでの、私のカップリング率は婚活を始めた当初、40%以上と高いものでした。

そのため私は、その日もカップリングする気、満々。

勇んで参加していました。

それが原因なのかはわかりませんが、パーティー司会者のカップリング発表時に、自分の番号が読みあげられたとなぜか勘違い。

お目当ての男性と、自分がカップリングしたと思い込んでしまいました。

カップリングすると男性が先に会場を出て、お相手の女性を待つルールになっているので、出口ドア付近で待っている彼のもとへ、ドキドキしながら進み、立ち止まって彼に軽く会釈をしました。

彼はというと、途端に、無言のまま、表情に?マークがポンポンポンっと浮かんできました。

困り眉毛になり、目の前に現れた私の存在に不安に感じたのか、ゆらゆらと揺れはじめました。

そんなところに、真のカップリングした本命女性登場。「お話中ですか?」とのこと。

そこでやっと自分がカップリングしていないということに、気がつき、「い、いえ?なんでもないです!!」と、慌てて会場を出ました。

しかし、私が去った後、彼らには挙動不審な私の行動の真意が、遅かれ早かれバレてしまっているでしょう・・・。 

恥②主催者からおいでおいで

エクシオの婚活パーティー会場は、隔週で会場が違っていることがありました。

そのため、新規の場所へは、ナビで場所を調べて行ったのですが、建物の名前が、昔と変更になっていたため、会場がここで合っているのか、いまひとつ判断がつかず、迷ってしまいました。

建物入り口付近で、立ち往生していると、主催者の方が、ひょっこり出てきて「あ!こっちですよ、こっちー」と私にむかって、おいでおいでをされました。

私は婚活パーティー参加暦が長いため、どうやら顔を覚えられてしまった模様。

主催者のかた、困っている私を放置できず、親切。

でも他の人がいるところで、なんだか恥ずかしい・・・。

もちろん、うつむき加減、小走りで会場へ入りました。

エクシオ登録

恥③とりあえず座っとく?

エクシオの婚活パーティーには、人数が多かった時など、全員がお話するのが難しい場合、フリータイムで時間を調整される場合がありました。

司会の方から、急遽フリータイムになると説明を受けてから、3分間ほど、同様に各自で好きな人とお喋りをすることができるのですが、なんといっても時間がない。

3分の間に、気になる人を見つけて、お話しませんかと誘い、さらにお喋りをしないといけません。

実際には気になった人のところまで辿りつくことはなかなか難しいもので、私がふと気がついたときには、気になっている男性はすでに申し込みを受けて、他の女性とお喋り中。

かといって声をかけられることもない私。

そうこうしているうちに、あろうことか”あぶれて”しまいました。

他の人は、すでにお喋りをすでに始めているのに、突っ立ったままの私。人数は合わせてあるので、もう一人あぶれた男性がいるはずなのですが、その男性は、なんと最初から私の目の前にいた方です。

あぶれたものどうしで必然的に目があったのですが、男性から言われたセリフは「とりあえず、座っとく?」

そこは社交辞令でも「僕とお話ししていただけませんか」で良いと思うのですが・・・。

婚活って恥ずかしいこと?

そもそも私自身、婚活をしている最中に、「婚活は恥ずかしいこと」「コソコソするもの」という思いが頭の中にありました。

そのため、婚活中に起きたハプニングを恥ずかしいと感じただけで、よく考えてみると周りは案外気にしていなかったかもしれません。

今になって考えてみると、どうってこともないし、恥ずかしいという気持ちもまた”婚活あるある”のうちです。

ただ、私は3年もの長い間、エクシオの婚活パーティーに通い続けましたが、会社や自宅などに婚活していることが、バレたり、陰口を叩かれる、なんてことはありませんでした。

それは単純に自分以外の人が、どこで誰と会おうと気にならないだけなのか?そこに真剣に婚活をしている者どうしの、”暗黙のルール”のようなものがあったのか?それはわかりません。

ですがお互いに馴れ合いにはならないように、注意することはもちろん、真面目に婚活するものどうし、皆ちゃんとわきまえているところはあると感じました。

そう考えてみても、ほとんどの人は真剣に婚活をしている人ばかりなんだと思っています。

私の場合は、最終的に婚活していたことを周りにオープンにしており、結婚できた秘訣は?と聞かれると「細く長くでも婚活を続けていたことかなー?」とか「婚活頑張ったのよ~」と、ぶっちゃけてしまっていました。

ですが今の時代にそれを言って、バカにしたり、驚く人なんていませんでした。

それでなくてもドジな私の人生は、婚活のみならず、恥ずかしいことだらけです。

婚活で恥ずかしい思いをしたという方には、親しい友人などに一度話してみて、笑い話に変えてもらう方法を提案したいと思います。

エクシオ登録

\記事をシェアする/
Hatena