【ペアーズ体験談】イケメン弁護士さんがチャラかった話 第2話

前回のあらすじ

ペアーズで出会ったイケメン弁護士さんといよいよ初対面です。

LINEでやり取りしていてもその方の雰囲気はわからないので、わくわくしていました。

途中まではとてもスマートで素敵だったイケメン弁護士さんですが、お酒が入るにつれてどんどんおかしな方向に。

外見だけじゃなく内面までイケメンでした

待ち合わせ当日は雨が降っていました。

イケメン弁護士さんから待ち合わせ時間の10分前に連絡がありました。

「雨が降っているので濡れないように駅の中で待っていて下さいね。」

イケメン弁護士さんに言われたように駅の中で待っていました。

待ち合わせは19時でしたが5分前にイケメン弁護士さんと合流できました。

お互いお会いするのは初めてですからはじめましての挨拶をしてお店に向かうことに。

「タクシー乗りましょうか。」

サッとタクシーをとめてわたしの傘を持ってドアのところでさしていてくれました。

わたしが奥に乗り込むとイケメン弁護士さんもタクシーに乗り込んで、わたしの傘をくるくるとたたんでくれます。

お礼を伝えると「女性の手が濡れるといけないので。」と優しい一言。

イケメン弁護士さんは内面もイケメンでした。

タクシーに乗って3分ほどでお店に到着しました。

歩いても5分くらいだったと思いますが濡れないようにタクシーに乗せてくれたんだと思います。

とことん優しいですよね。

今までペアーズでたくさんの方にお会いしてきましたが、ここまで気遣いができる方には出会ったことがありません。

こんなに気遣いができるのになぜペアーズに登録しているのか俄然気になりました。

ペアーズ(Pairs)

お酒を一緒に飲みたいとお願いされる

お店はカジュアルフレンチで店内はほどよく静かで落ち着いていました。

先に飲み物だけ頼みましょうと言われアルコールが飲めないことを伝えると、少しだけ残念そうな顔をしたイケメン弁護士さん。

「僕はお酒が好きだから一緒に飲めたら嬉しいなと思っていました。一杯だけでも酔ってしまいますか?」

「とても弱いので一杯でも酔ってしまいますが、お気持ち嬉しいので半分くらいなら飲みます。」

そういうとニコニコの笑顔になったイケメン弁護士さん。

オシャレな名前のほぼアルコールのないカクテルを頼んでくれました。

お料理はコースだったので選ぶ必要がありませんでした。

初対面で何を頼みましょうかともたもたするのが苦手ですので(初対面で馬鹿正直にこれ食べたいと言えないので)コースにしてくれてありがたかったです。

イケメン弁護士さんと乾杯をしてお食事がスタートしました。

話が上手で沈黙がない快適な会話

イケメン弁護士さんは会話の進め方がとても上手で、次から次に話をどんどんふってくれるので、ペアーズで出会って初ご飯の時にありがちな沈黙で気まずい時間がなくて安心しました。

お食事もお酒もすすむにつれて、だんだんため口をつかうようになってきたイケメン弁護士さん。

全く不快な感じがなくて仲良くなれたなと嬉しくなりました。

今日わたしが絶対に聞こうと思っていたのが「イケメンでさらに弁護士という職業で絶対にモテるのになぜペアーズをやっているのか」です。

ごまかすのも面倒だったのでストレートに聞いてみました。

すると笑いながら「それは婚活ちゃん(わたし)もでしょ」と言われました。

「婚活ちゃんだって可愛いしモテるだろうしなんでペアーズなんてやってるの?」

「職場と家の往復で出会いがないし合コンは効率が悪いなと思ったからペアーズをやってます。」

「一緒だよ。俺も職場は既婚者ばっかりだし、仕事が忙しすぎて合コンなんて行ってる時間もったいないし、ペアーズの方が効率良いからやってるんだよね。」

効率を求めるとペアーズになるというのはとても理解ができました。

イケメン弁護士がPairsをやっている本当の理由は

ところがこの質問をしてからイケメン弁護士さんの様子が少し変わってきたのです。

「正直、弁護士ってどう?年収が高いからマッチングしたってかんじ?」

「ペアーズで彼氏できたことある?」

「遊びでペアーズやってる子と本気の子の見極め方とかある?」

などなど答えにくい質問ばかりしてきました。

結局イケメン弁護士さんが何を言いたいのかわからなかったので、適当にスルーしていたのですが、決定的な質問をされました。

「いままで男性とワンナイトしたことある?」

初対面で、しかもたった1時間前に出会ったばかりなのにそんなこと聞く!?

「ないですよ~」

サラリと流すかんじで答えると思いのほか食いついてきました。

「本当に!?一回もないの?絶対あるでしょ?」

「本当にないです。」

キッパリ冷たく答えるとなぜかイケメン弁護士さんはニコニコ笑顔になりました。

「そうなんだぁ~やっぱり婚活ちゃんってイメージ通り清楚なんだね。でもさ俺たち話しててすごく性格が合うと思わない?」

「たった1時間話しただけで性格が合うとか合わないとかわかりません。」

そう言い残してわたしはお手洗いに立ちました。

飲めないわたしに赤ワインを飲ませようとする

お手洗いから戻って席につくとわたしの席になぜか赤ワインが置いてあります。

「カクテル半分になってたから新しいの頼んでおいたよ~。」

気が利くアピールをしたいのでしょうが、わたしは最初にアルコールを飲めないことを伝えてあります。

「ごめんなさい、せっかくなんですがわたし最初にお伝えしたようにアルコールは飲めないのでウーロン茶にします。」

「なんでよ~記憶なくしても大丈夫だよ!家近いし俺送っていくから!」

イケメン弁護士さんはわたしを酔わせてワンナイトを狙っているんだろうなと感じました。

そこから1時間みっちり口説かれて、でも一切動じないわたしにがっかりしているイケメン弁護士さん。

コース料理も終わってお会計はイケメン弁護士さんがしてくれました。

お店を出てタクシーを止めるイケメン弁護士さん。

わたしを乗せようとするので「まだ電車ありますし電車で帰ります。今日はありがとうございました。」と言ってさっさと駅の方向に歩きました。

もちろん帰り道でイケメン弁護士さんのLINEはブロックしました。

ワンナイト目的にはご注意を

イケメン弁護士さんがペアーズをやっている理由は出会いがないのではなく、ワンナイトの相手を手軽に探せるからだったのかもしれません。

しかもわたしは駅が隣で次の日の仕事も行きやすいし都合が良かったんでしょうね。

イケメンで職業モテしているのにペアーズに登録している方には何か裏があるかもしれないから気を付けようと心に誓いました。

(完)

ペアーズ(Pairs)

\記事をシェアする/
Hatena